【介護福祉士科】就職内定者速報⑥保育士取得後、介護福祉士に~9年連続★就職率100%を目指して~

「将来は介護福祉士になるか、保育士になるか悩んでいる・・・」
同じ“福祉職”の中でも、高齢者と関わる「介護福祉士」か、子どもと関わる「保育士」か、
どちらの道に進むか悩んでいる方も多いかと思います。

今回は高校卒業後は大学に進学し、「保育士」の国家資格を取得した後、
神戸医療福祉専門学校中央校の介護福祉士科に入学し、
総合ケアサービス施設 ローズガーデン甲子園に就職内定した松枝加菜さん(入学時22歳)に、
インタビューをしてみました。

【介護福祉士科】就職内定者速報⑥保育士取得後、介護福祉士に~9年連続★就職率100%を目指して~

Q1.「保育士」取得後、「介護福祉士」を目指そうと思った理由は?
A.子どもが好きで、高校生の時は、幼児教育を学べる大学を選びましたが、授業や実習で言われた「教育する上で、時には子どもを叱る必要がある」ということに自分自身は向いていないのではと感じました。大学4年の時、周りが就職活動をしている中、子どもを叱ることに抵抗があった私は、就職活動をする気になれないまま過ごしていました。そんな頃、祖父母の要介護になり、高齢者の方のお世話をさせて頂く介護福祉士の仕事も素敵だと感じるようになりました。
実際に入学し、実習先で利用者さんに「ありがとう」「あなたがいてくれて良かったわぁ」と言って頂けた時、思い切って介護福祉士を目指して、本当に良かったと思いました。

Q2.こちらの福祉施設に就職したいと思った理由は?
A.授業で様々な福祉施設の形態について学んだ際、“少人数制”であるユニット型の施設に興味をもちました。もともと利用者の方お1人お1人と、じっくり関わりたいと思っていたので“少人数制”の福祉施設への就職を希望していました。「家族のような絆を目指して」という理念と、落ち着いたアットホームな温かみのある雰囲気が自分に合っていると思い、こちらの施設を希望しました。
またこちらの施設では、今年から保育園も併設されていて、利用者さんと園児のみなさんとの交流が予定されています。ゆくゆくは、保育士と介護福祉士のWライセンスを活かして、利用者さんと園児のみなさんとの橋渡し的な存在になれるよう、一生懸命頑張りたいと思います。

松枝さん、ありがとうございました!

★神戸医療福祉専門学校中央校の介護福祉士科について、もっと詳しく知りたい方はコチラ★

★介護福祉士科のオープンキャンパスの日程について知りたい方はコチラ★

★介護福祉士科についてLINEでお問い合わせ頂けます。LINE登録はコチラから★