【介護福祉士科】海外研修レポート①オーストラリア国立ラ・トローブ大学編

神戸医療福祉専門学校は「国際教育」に力を入れています。
海外の教育機関や施設などで、研修を行い、
日本との違いを学ぶことで、視野の広い介護福祉士を目指します。

研修先は教育提携先であるオーストラリア国立ラ・トローブ大学
今回はラ・トローブ大学内での研修の様子をピックアップしてお伝えします!

介護福祉士 学校 海外

ラ・トローブ大学での講義内容はオーストラリアの福祉制度や福祉用具などについて。

介護福祉士 学校 海外

オーストラリアの福祉制度などについては、出発前に事前学習を実施していたので、
講義中に出てくる専門用語が理解でき、学生からも積極的に質問が挙がりました。

介護福祉士 学校 海外

またオーストラリアにおける障がいに対する考え方や、診断から介護までの流れなど、
日本と比較しながら学ぶことが出来ました。

介護福祉士 学校 海外

また福祉用具に関する講義では、杖の選び方や、日本にはない操作型の車いすに学生達は興味深々!

介護福祉士 学校 海外

オーストラリアならではの学びを得ることができ、学生達は改めて介護福祉士になる前に
視野を広げることが出来ました。

介護福祉士 学校 海外

引き続き、②福祉施設訪問編③市内観光編もお楽しみに!