【精神保健福祉士科】卒業生講演会★『働く女性特集 ~女性に強い資格 精神保健福祉士~』というテーマで講演会を実施しました!

2016年4月は、『働く女性特集 ~女性に強い資格 精神保健福祉士~』というテーマで講演会を実施しました。

講演者は、2004年度卒業生の田口弥生さんと2007年度卒業生の北代彩さんです。

精神科病院で働く精神保健福祉士の田口さんは、
結婚・出産・転職を経て現在仕事と家庭を両立しておられ、
同じく精神科病院で働く精神保健福祉士の北代さんは
、本校をご卒業後と同時に結婚され、産休・育休を取得しながら同機関に勤務されている、ともに3児のお母さんです。

精神保健福祉士

田口さんからは、
「出産を機に前職を退職しましたが、また精神保健福祉士の職に就きました。自分に出来ることは100決まっている中で、誰かの役に立つ仕事を担う上で、自分の健康に一番気を付けながら、自分のことを大切にすることが大事です。」

精神保健福祉士

北代さんからは、
「現在育児休暇をいただきながら、毎日、育児・家事に追われる日々を送っています。しかし、精神保健福祉士の資格を取得後も、仕事と家庭を両立させながら、勉強を続けた結果、介護支援専門員の資格も取得することができました。そのお陰で仕事の幅も広がり、更なるステップアップを実現することができました。個人としての生活力を磨くことは精神保健福祉士としてのスキルアップに繋がると言えます。」
とおっしゃってていたことが印象的でした。

参加者の皆さんからは、
「私もいつか結婚して出産するかもしれないので、そのときには今日のお話を思い出したいです。」
「精神保健福祉士の資格を取得した後の自分の生き方についても考える良い機会となりました。」
「人として女性として、仕事をどのように位置付け両立させていくのか、そして精神保健福祉士としての役割について勉強になりました。」
と感想をいただきました。

今後の田口さんと北代さんのご活躍をお祈りしております。

次回の講演会は、2016年5月22(日)14時~15時20分
講演内容は、『病院・施設における精神保健福祉士の役割』です。
是非、ご参加ください。お待ちしております。

お申し込みは★コチラ★