【精神保健福祉士科】業界アルバイト紹介制度を利用している学生さんを紹介④

夜間1年制で働きながら国家資格取得を目指せる神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科★

本校独自の業界アルバイト紹介制度を利用し、
昼間は精神保健福祉の現場でアルバイトしながら通学している学生さんを紹介します。

今回紹介するのは岡本育実さん(入学時35歳・姫路獨協大学出身)★

精神保健福祉士科

入学前は販売職で、福祉業界での経験がなかった為、早期から対象者となる方と関わっておきたいと思い、
業界アルバイトを希望されました。

アルバイト先である地域活動支援センター ゆめのでは、
利用者の方々とトランプや将棋等のレクリエーションを通してコミュニケーションを取ったり、
スポーツやクッキー作り等の共同作業プログラムのサポートをしたりしています。

【1日の流れ】
6:30―起床
7:00―自主勉強
7:25―出発
8:30―アルバイト先に到着
9:00―アルバイト開始
午前中…利用者の方とのレクリエーションやコミュニケーション
12:00―休憩
午後…スポーツ、クッキー作り、音楽鑑賞等のプログラム
16:00―アルバイト終了
↓移動
18:10―授業開始

【業界アルバイトでの気付き】
精神障がいの方からすれば、自ら何かを「したい」と思うことが大切で、「今日楽しかったから明日も来たい」という利用者の方もいらっしゃいます。利用者の方にとって、このような集いの場、安心出来る場があること自体の大切さに気づきました。