【精神保健福祉士科】業界アルバイト制度を活用している在校生を紹介★

例年、クラスの約4人に1人が活用している精神保健福祉士科の業界アルバイト制度
今年も早速、多くの学生がこの制度を活用します。

140602a

今回は精神保健福祉士科の学生2名にインタヴューをし、意気込みを伺いました!!

■精神保健福祉士科  本間 優見恵さん

140602b

 人と接する事が好きなので人に関わる仕事に就きたいと考えていました。身近に職場の人間関係に悩んでいる人や、障がいで悩んでいる方々に出会ったことで、何か役に立てないかと感じ、精神保健福祉士を目指すことにしました。神戸医療福祉専門学校の説明会に参加した時、先生が詳しく説明して下さった事と1年で国家資格が取得できる事、また業界アルバイト紹介制度に魅力を感じていました。
 私が業界アルバイト紹介制度を希望したのは、精神保健福祉士の仕事がどのようなものか実際に体験してみたいと思ったことです。最初は障がいをもつ方を一緒に仕事をする事が始めてだったので、どのように手助けすれば良いのか分からず難しいと感じました。しかし障がいを持つ方が話しかけてくれたり、一緒に作業をし、笑い合えることにやりがいと楽しさを感じるようになっていきました。
 現在、就労継続支援施設の喫茶での接客や、厨房で料理を一緒につくることが主な仕事です。その他に障がいを持つ方と買い出しに行ったり、一緒にご飯の準備をしたりしています。業界アルバイト紹介制度で得る学びや気付きを大切にし、授業に活かしていきたいと感じています。          

■精神保健福祉士科  長江 明寛さん

140602c

 福祉系大学を卒業した後、介護職として現場を経験してきました。その中で大学時代から興味があった精神保健福祉士の仕事をしたいという気持ちが強くなり、精神保健福祉士を目指そうと思いました。
 神戸医療福祉専門学校を選んだのは、働いていた介護の現場には介護福祉士科の卒業生の方がおられ、その方から学校の事を聞いて興味を持ちました。卒業生の方による精神保健福祉士の講演会に参加させて頂いた時、とても目的意識が高く熱意を感じたので、この学校で学びたいと思い、決めました。
 学校で勉強すると同時に現場で精神障がい者の方と関わることで更に学びが深くなると思い、アルバイト紹介制度を希望しました。就労継続支援B型事業所でのアルバイトは、喫茶店を中心にスウィーツの販売や、一人暮らしの高齢者への宅配弁当、地域の高齢者の代行サービスなどもさせて頂いています。メンバーさん一人ひとりに手順や方法を伝えるためにコミュニケーションをとりますが、そのためには、メンバーさんとの信頼関係の構築が大切であり、難しさを感じる時があります
今はまだ始まったばかり。焦らずに少しずつ信頼関係が築けるようにしたいです。

ホームページでも業界アルバイトの紹介をしているので、是非、ご覧下さい。
http://www.kmw.ac.jp/gakka/seiho/