【精神保健福祉士科】卒業生紹介★大学で学んだ心理学を活かした職業に興味をもち、大学卒業後すぐ国家資格取得を目指して進学①

夜間1年制で働きながら国家資格を目指せる神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科★
大学卒業後すぐに入学される方から、40代以上の方まで、
幅広い年齢層の学生さんが、同じ目標に向かって毎日学んでいます。

今回紹介する卒業生は4月の講演会に来て下さった柴田麻衣さん(神戸学院大学 出身)
柴田さんは大学卒業後すぐ本校に入学され、
現在は「たるみみなみ障害者地域生活支援センター」で相談援助業務をされています。
そんな柴田さんにアンケート形式で質問をさせて頂きました。

【精神保健福祉士科】卒業生紹介★大学で学んだ心理学を活かした職業に興味をもち、大学卒業後すぐ国家資格取得を目指して進学②

Q1.精神保健福祉士になろうと思った理由は?
A.もともと発達障がいに関心があり、精神障がい等をもつことで二次的に生まれる不安感のケアに関わる仕事がしたいと思ったからです。

Q2.仕事の中で特に印象に残っていることは?
A.お母様と同居されている方の支援をさせて頂いた際、お母様が家を出られたのをきっかけに、本人の心の揺れ動きが目に見えて分かった時、人間の心の動きについて間近で感じられたことがとても印象に残っています。今も支援させて頂いている最中で、試行錯誤しながら、私自身も勉強・成長させて頂いています。

Q3.どのように勉強を頑張っていましたか?
A.勉強が得意な方ではなかったので、人よりも時間をかけて、勉強しやすい学校にいる時間を多く作るようにし、時には自分を追い込みながら頑張りました。

Q4.在学中の1日の流れを教えて下さい。
A.9:00~17:30 地域活動支援センターでアルバイト(業界アルバイト紹介制度を利用)、18:00~22:00 授業(夕食は休み時間に)と放課後、教室で国家試験の過去問題を解く、23:00~帰宅、時間があれば自主勉強(過去問題など)

Q5.どのような就職活動をしていましたか?
A.本格的に動いたのは国家試験が終わってからです。ありがたいことに2月の実習先で就職が決まりました。

Q6.神戸医療福祉専門学校中央校を選んで良かったことは?
A.授業や実習、業界アルバイトで様々な方と出会うことができ、様々な体験をすることができたことです。

Q7.在学中のクラスメイトと今も連絡を取ったりしますか?
A.一緒にお仕事をする機会はたくさんあるので、時々連絡を取り合って、情報交換をしています。

柴田さん、ありがとうございました!

■次回の卒業生講演会は5/28(日)14:00~★テーマは医療機関と福祉施設での働き方の違いについて★
 ★お申込はコチラ★