【精神保健福祉士科】在校生インタビュー★業界アルバイト紹介制度について①★

夜間1年制で働きながら国家資格の取得を目指せる神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科★
例年、20代~50代以上の社会人経験者の方も多く入学されています。

前回に引き続き、本校独自の「業界アルバイト紹介制度」を利用して、
充実した学生生活を送っている学生さんを紹介します。

精神保健福祉士

2人目は古川宏次朗さん(入学時29歳)です。
アルバイト先は学習支援クラスです。

Q1.業界アルバイトにチャレンジしようと思った理由は?

A.福祉業界で働いた経験がないので、どのような仕事なのか、対象となるのはどのような方々なのか、在学中に体験して知っておきたいと思ったからです。

Q2.1日の流れは?

A.13:00にアルバイト先に到着し、プリントのコピーをし、担当の先生と打ち合わせを行います。13:20からソーシャルスキルトレーニング(敬語の使い方や職場での電話対応の仕方など)という授業が始まり、学生さんのサポートを行います。アルバイトは14:50までです。

Q3.業界アルバイトを通して学んだことは?

A.クラスの雰囲気や学生さんとの距離感に気をつけて、言葉遣いや表情がしっかり伝わるように心がけています。障がいは人によって様々なので、みんな同じようにではなく、一人ひとりに応じた接し方の必要性を学びました。

古川さん、ご協力ありがとうございました!

★精神保健福祉士科の1年間の流れについて、もっと詳しく知りたい方はコチラ★

★精神保健福祉士科の学校説明会や卒業生講演会の日程はコチラ★