【精神保健福祉士科】在校生インタビュー★WORK&STUDY☆昼間は働きながら通学

神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科には幅広い年齢層が在籍しており、
そのライフスタイルや人生経験も様々です。

今回は昼間“働きながら”、夜間通学している横尾有加さん(入学時26歳)にインタビューしてみました!

【精神保健福祉士科】在校生インタビュー★WORK&STUDY☆昼間は働きながら通学

Q1.精神保健福祉士を目指そうと思った理由は?
A.現在、障がいのある子ども達が通う福祉施設で働いているのですが、保護者の方と関わる機会が多く、その方々の悩みに対し、相槌を打つしか出来ない自分が無力だと感じたのがきっかけです。福祉に関する知識や相談援助のスキルを身につけ、相談して下さる保護者の方々の力になりたいと思い、精神保健福祉士の取得を目指そうと思いました。

Q2.勤務形態や職場の雰囲気について教えて下さい。
A.勤務先は明石市で時間は9:00~17:00ですので、18:10の授業には間に合います。精神保健福祉士取得後も現在の職場で働き続けたいと思っています。仕事と勉強の両立は大変ですが、職場の方々が協力して下さいますので、頑張って両立出来ています。

Q3.将来はどのような精神保健福祉士になりたいですか?
A.私と関わって下さった方が少しでも前に進むことが出来るようになり、私自身も一緒に成長出来る精神保健福祉士になりたいと思います。

横尾さん、ありがとうございました!

★働きながら、夜間1年制で国家資格取得を目指す神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科について詳しく知りたい方はコチラ★

★精神保健福祉士科の学校説明会の日程はコチラ★