【精神保健福祉士科】卒業生による講演会を実施しました★

2014年7月は、『司法機関における精神保健福祉士~刑務所勤務の経験を通して』
というテーマで講演会を実施しました。

140722a

講演者は、2005年度卒業生の梶原由美さんです。

精神保健福祉士の梶原さんは、卒業後、
刑務所にて再犯防止と円滑な社会復帰に向けての改善指導に取り組んで来られました。

その後、カウンセリングやアンガーマネジメント(怒り感情をコントロールすること)、
アートセラピー等を通してこころをサポートする事業所を立ち上げられました。

140722b

代表としてご活動されている傍ら、アンガーマネジメントコーチ&研修講師、
刑余者や不登校&ひきこもりの若者に対しての支援もされています。

140722c

梶原さんからの、
「全ては、精神保健福祉士になったことから始まりました。
なりたい自分像を描いて強く願い、その夢に向かって、あきらめずにチャレンジし、
1歩1歩、地道な積み重ねを続けていけば、必ず、結果は後からついてきます。
たった1度の人生です。そして、あなたの人生の主人公はあなたです。
悔いのないように生きてください!!」というメッセージを参加者の皆さんへ送って下さいました。

140722d

今後の梶原さんのご活躍をお祈りしております。

次回の講演会は、2014年8月16日(土)14時~15時30分
講演内容は、『精神科医療機関における精神保健福祉士の役割と講師・実習担当者の立場から』です。
是非、ご参加ください。お待ちしております。