【精神保健福祉士科】就職内定者速報②地域の方々を元気に出来る精神保健福祉士を目指して☆

夜間1年制で「働きながら」国家資格の取得を目指せる神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科(大卒課程)

大学卒業してすぐの方から、20代~50歳以上の社会人経験者の方など、
幅広い年齢層の学生さんが在籍しています

今回紹介させて頂くのは、宇野 花菜子さん(入学時25歳)☆
社会人経験を経てからの入学で、
先日、「芦屋メンタルサポートセンター」から就職内定を頂きました。

【精神保健福祉士科】就職内定者速報②地域の方々を元気に出来る精神保健福祉士を目指して☆

Q1.「芦屋メンタルサポートセンター」に就職したいと思った理由は?
宇野さん「もともと“地域の方々を元気にしたい”という気持ちが強く、地元で地域生活に関わる職業に就きたいと思ったので、精神保健福祉士を目指そうと思いました。こちらの施設には地域活動支援センターも、就労継続支援B型もあり、行政との連携もしっかりされています。この施設なら、様々な形で仕事を通して地域に貢献出来ると思い、志望させて頂きました。」

Q2.将来はどのような精神保健福祉士になりたいですか?
宇野さん「誰からも気軽に接して頂けて、しっかりと信頼関係が築ける精神保健福祉士になりたいと思っています。」

Q3.これまでの学生生活を振り返ってみていかがですか?
宇野さん「クラスメイトの方、みなさんモチベーションが高く、国家資格取得という同じ目標を目指して、一生懸命に頑張っています。みんなが頑張っているから、“自分もやらないと”という気持ちになれます。これは通信制ではなく、通学しているからこそ感じられるメリットだと思います。」

宇野さん、ありがとうございました!

■精神保健福祉士科の1年間の流れについて詳しく知りたい方はコチラ

■精神保健福祉士科の学校説明会の日程について知りたい方はコチラ

■精神保健福祉士科についてLINEでお問い合わせ可能★LINE@の登録はコチラから