【精神保健福祉士科】就職内定者速報③好きな音楽を活かせる職場で

夜間1年制で「働きながら」国家資格の取得を目指せる神戸医療福祉専門学校中央校の精神保健福祉士科(大卒課程)

大学卒業してすぐの方から、20代~50歳以上の社会人経験者の方など、
幅広い年齢層の学生さんが在籍しています。

【精神保健福祉士科】就職内定者速報③好きな音楽を活かせる職場で

今回紹介させて頂くのは、田中 淳子(よしこ)さん(入学時25歳)☆
入学前は高齢者のデイサービスで働かれていた田中さん。
生活相談員として利用者さんや家族の方と関わる時にやりがいを感じていたことと、
大学は心理学科で、精神保健分野に興味があったことから、
精神保健福祉士の取得を目指そうと思われたとのことです。

先日、「向陽病院」から就職内定を頂きました。

Q1.「向陽病院」に就職したいと思った理由は?
田中さん「こちらの病院では“音楽療法”に力を入れていらっしゃいます。私は音楽が好きで中学・高校は吹奏楽をしていました。精神保健福祉士も音楽療法に関わることが出来るということで、通常の精神保健福祉士の支援+音楽を通した支援が出来るところに魅力を感じたので、こちらの病院を志望させて頂きました。」

Q2.将来はどのような精神保健福祉士になりたいですか?
田中さん「音楽療法を通して、患者さんをよく理解し、信頼関係をしっかりと構築し、何でも相談して頂きやすいような精神保健福祉士になりたいと思っています。」

Q3.これまでの学生生活を振り返ってみていかがですか?
田中さん「クラスには色々な年齢層の方がいるので、自分が知らない業界のことなど、様々な話が聞けて、とても楽しいです。勉強は大変ですが、無理し過ぎない程度に、自分なりのペースで頑張っています。

田中さん、ありがとうございました!

■精神保健福祉士科の1年間の流れについて詳しく知りたい方はコチラ

■精神保健福祉士科の学校説明会の日程について知りたい方はコチラ

■精神保健福祉士科についてLINEでお問い合わせ可能★LINE@の登録はコチラから