【精神保健福祉士科】卒業生による講演会実施★講演会は毎月開催!

2014年9月は、『地域における精神保健福祉士の役割と業務』というテーマで講演会を実施しました。

講演者は、2006年度卒業生の金子美和さんと2007年度卒業生の高木陽平さんです。

精神保健福祉士講演会1

現在、地域活動支援センターで働く精神保健福祉士の金子さんからは、
地域活動支援センターの役割と精神保健福祉士の業務内容に始まり、
実際の相談内容やプログラムまで幅広くお話して頂きました。

精神保健福祉士講演会2

現在、就労継続支援事業B型で働く精神保健福祉士の高木さんからは、
精神保健福祉士が活躍するフィールドについて、動画を交えながら分かりやすくお話して頂きました。

精神保健福祉士講演会3

当時の学校生活についてお伺いすると、金子さんは、
「日中は業界アルバイトをしながら体験的に学び、
 夕方からは学校で福祉制度・サービスや対人援助技術について学ぶという、
 忙しさの中にも充実した1年間を送ることができました。
 国家試験が近づく頃には寝る間を惜しんで勉強していましたが、
 時々は息抜きがてらにカフェへお茶をしに行ったり、
 クラスメイトや先生方のサポートのお陰で共に乗り切ったという感じです。」と回答して下さり、

精神保健福祉士講演会4

高木さんは、
「自分は、入学前は畑違いの仕事をしていました。
 また、大学時代、社会福祉や精神保健福祉とは全く違う分野を専攻していたため、
 勉強についていけるだろうかという不安もありました。
 だけど、講師の先生方は1年間という短期間で単位を取得することを前提に、
 基礎から応用まで幅広くかつ重点的に授業をしてくれました。
 そして、就職の相談もしっかりサポートしてくれるので、
 現在の職場に就いて7年目を迎えることが出来ています。」と両名から感謝のお言葉も頂戴致しました。

最後にお二人からは、
「適切な支援をしていくには本人、家族、医療、教育、企業、行政、福祉のネットワークが必要です。
 そして、ネットワークを創るためには、互いに知ること、知ろうとすることが必要です。
 将来、みなさんとお仕事ができることを楽しみにしています。」と参加者の皆さんへメッセージを残して下さいました。

今後の金子さんと高木さんのご活躍をお祈りしております。

次回の講演会は、2014年10月19日(日)14時~15時30分
講演内容は、『精神科医療機関における精神保健福祉士の役割と業務』です。
是非、ご参加ください。お待ちしております。