【精神保健福祉士科】早期合格がモチベーションUPに!AO入試とクラスの雰囲気とは?①

AO入試とは精神保健福祉士科の養成目的・内容を理解し、意欲を持った方に対してその適性を判断する試験です。
AO認定後は、出願書類を一式提出して頂ければ書類選考後、合格通知が届きます。

メリット①早期に進路決定することで、合格後は入学前教育を始めて頂くことが可能です。
メリット②入学選考料(2万円)が免除になります。
メリット③土曜・日曜・祝日の他、平日にもご自身の都合に合わせて、面接日が設定して頂けます。
メリット④出願時期も募集定員締め切りにならない限りにおいては、自由に設定して頂けます。

今回はAO入試で合格し、現在、本校で精神保健福祉士を目指して頑張っている学生にインタビューをしました!

■松本綾夏さん(神戸学院大学出身)

精神保健福祉士 入試

AO入試は選考料が免除になるのと、面接でありのままの自分を伝えることが出来る所がメリットだと思います。面接が始まるまではとても緊張しましたが、志望動機や自分のことについて先生にお話していくうちに、この学校に入って精神保健福祉士になりたいという気持ちが強くなった気がしました。
 現在、授業が夜の18:10から始まるので、昼間にアルバイトや自主勉強の時間を取れる事や1年制なので必要な知識を短時間で詰め込むことができるのは良い所だと思っています。
 業界アルバイトを学校から紹介して頂けるので、座学だけではわからない現場の様子を知ることが出来たり、精神障がいのある方とのコミュニケーションをとったりできるのは神戸医療福祉専門学校の魅力だと思います。クラスは意識の高い方が多く、私も頑張らなければ!と良い刺激を与えてくれます。分からないところがあれば、周りの分かる方に聞いたりして、みんなで力を合わせながら国家試験に向けて勉強に取り組んでいます。」

■城内真さん(岡山商科大学出身)

精神保健福祉士 入試

「AO入試では、自分がどのような生活をして勉強し、将来は精神保健福祉士として何がしたいのか聞かれました。自分の将来像や学生生活に希望が持てて、モチベーションが高まりました。またAO面接で何か聞きたいことがあれば聞けるので、その点も良かったです。AO面接は自分の希望や、やりたいこと等がリラックスして言えました。そして、より一層勉強して、資格を取得し卒業後は現場で活躍したいと意欲が湧いてきました。
 クラスは、幅広い年齢の方々が入学されています。雰囲気はとても明るいし、充実した学生生活が送れます。試験や実習など、お互いに励まし合いながら、モチベーションを高めて意欲をもって取り組めます。幅広い年齢層なので、様々な視点から考えることが出来るし、自らの視野も広がっていくし、一緒に学習会を行ったりしています。」