【精神保健福祉士科】医療機関で活躍する卒業生の講演会を実施しました★

2014年10月は、『精神科医療機関における精神保健福祉士の役割と業務』というテーマで講演会を実施しました。

精神保健福祉士 講演会

講演者は、2004年度卒業生の田口弥生さんと2008年度卒業生の安好弘孝さんです。

精神保健福祉士 講演会

田口さんは、卒業後、地域の作業所にお勤めになり、結婚、出産を経て現在の精神科病院へ転職されました。
そこで地域と医療機関で求められる精神保健福祉士としての役割と業務内容と違いについて、
事例を交えながらお話して頂きました。

精神保健福祉士 講演会

安好さんからは、精神保健福祉士を目指そうと思われたきっかけから、
在学中に学んだ精神保健福祉士として大事なこと、
印象に残っている患者様との出会いについてお話して頂きました。

精神保健福祉士 講演会

参加者の皆さんからは、
「精神保健福祉士の適性について」
「在学中の勉強時間について」
「実習での学びや気付き」
「精神保健福祉士としてのやりがい」等と、
入学に向けて積極的な質問が飛び交い、予定時間が延長するほど活気溢れる講演会となりました。

お二人とも在学中は、学校が紹介した業界アルバイトをされていました。
当時を振り返り、
日中は業界アルバイトで現場の雰囲気や精神保健福祉士として大切な関わり方を学び、
 学校では座学や演習を通して専門的な知識を学べた実りのある1年間だった。

 神戸医療福祉専門学校中央校は、このような業界アルバイト制度や国家試験対策講座も充実していることが魅力的。
とおっしゃって下さいました。

今後の田口さんと安好さんのご活躍をお祈りしております。

次回の講演会は、2014年11月23日(日)14時~15時30分
講演内容は、『人生の転機①精神保健福祉士(地域・スクールソーシャルワーカー)への転職』です。
是非、ご参加ください。お待ちしております。