【精神保健福祉士科】祝★就職内定!社会人経験者にインタビュー!

精神疾患を患われた方の社会復帰を支援する精神保健福祉士。
本校の精神保健福祉士科は大学卒業された方が対象の夜間1年制学科。
大学を卒業してすぐの方や、社会人経験を経てから入学される方、
年齢は20代前半~60代までと幅広いことが特徴です。

今回は社会人経験を経て入学された吉村由紀さん(北海道教育大学出身)が見事、
関西青少年サナトリューム(病院)に就職内定されたので、
お祝いを兼ねて、意気込みをインタビューしてみました!

精神保健福祉士

Q1.精神保健福祉士になろうと思った志望動機は?
大学を卒業して、民間企業に勤めたのですが、利益追求の仕事内容に疑問を抱いていました。本当にやりたいことは?と考え直した時に、大学時代に知った精神保健福祉士の仕事と、自身の辛かった時にして貰いたかった事などを思い出し、「辛い思いや寂しい思いをしている方の支えになる仕事をしたい!」と志望しました。

Q2.就職内定が決まるまでの流れを教えて下さい!
私の場合、応募の締め切りが11月上旬でしたのでそれまでに、病院を見学させて頂き、その場で応募書類を提出しました。その約1週間後に一次面接、さらに一次を通過した人が1週間後の二次面接に進むといった流れでした。試験結果は受けたその日に頂くことが出来ました。

Q3.就職先を希望した理由は?
関西青少年サナトリュームは、専門学校入学前に就職先を探していた頃からホームページで見ていて、雰囲気の良い病院だと感じていました。実際に見学をしてそれは確信に変わりました。また自分の精神保健福祉士としてめざす支援と病院の理念の方向性が合致していた事は一番大事な理由です。

Q4.精神保健福祉士として現場でどのように活躍したいと思っていますか?
患者さんにとっての幸せが見つけられる支援が出来るように努めたいと思います。チームで支援するので同じ職場の人からも信頼してもらえるような精神保健福祉士になりたいです。知識や経験を積んできたら、病院の新たな事業を進めていくような役割を担って行きたいと思っていますし、将来的には日本の精神保健福祉士として、途上国の精神保健福祉向上にも関わっていきたいです。

Q5.神戸医療福祉専門学校に入学して良かったと感じたことを教えて下さい。
私は学費を自分でまかなう事を決めていたので、入学前は学費の面で通学にするか通信をするかでとても迷っていました。でも今思えば通学にして良かったです。一緒に学ぶ仲間の存在やサポートして下さる先生方の存在はとても心強いものです。通信だと今より軽い気持ちでこの仕事をしようなんて思っていたかもしれません。神戸医療は資格取得だけではない、もっと大事なことを学ぶことができる学校だと日々感じています。

吉村さん、ご協力ありがとうございました!

個別相談会は3/11(土)10:00~11:30/13:00~14:30
3/12(日)10:00~11:30/13:00~14:30開催!
2017年4月入学に間に合うAOエントリーは3/12(日)まで★

★精神保健福祉士科の1年間の流れ、学生さんの年齢層は?などもっと詳しく知りたい方はコチラ★

★精神保健福祉士科の説明会や個別相談会の日程はコチラ★