【鍼灸師】他の医療系の職業と迷った結果、鍼灸師を選んだ学生にインタビュー★

【鍼灸師】他の医療系の職業と迷った結果、鍼灸師を選んだ学生にインタビュー★

奈良林 心さん(明石市立明石商業高校出身)

スポーツをしていて怪我をした時にリハビリを経験した事から、
自分もこういう風にスポーツ選手を支えたいと思った事がきっかけで、
理学療法士の仕事に興味を持ちました。

高校3年生の時に部活引退をしてから理学療法士の体験が出来るオープンキャンパスに行って、
関節の角度を測ったり、膝蓋腱反射の体験をしたのですが、
その時には自分が目指しているもの、
なりたい仕事と少し違うのかもしれないという印象を持ったままではありましたが、
将来の夢としては理学療法士を選択しているという状況でした。

その時期に丁度、高校内で実施された進学説明会で
「鍼灸師」という仕事もスポーツ選手を支える仕事であることを紹介され、
最終選択をする前に鍼灸の職業体験をしてみる事を提案してくれました。

鍼灸師の仕事の存在は知っていたのですが、実際に鍼灸を受診した経験がなかったし、
鍼灸師の仕事に興味をもって調べてみようという気持ちもなかったのですが、
思い切って鍼灸師の体験が出来るオープンキャンパスに参加してみる事にしました。

鍼灸師の体験実習ではテーピングや鍼灸の刺鍼練習などをしたのですが、
体験した時に「これだ!」と感じました。

【鍼灸師】他の医療系の職業と迷った結果、鍼灸師を選んだ学生にインタビュー★

とても細い鍼で痛みを和らげたり、
スポーツだけでなく美容や福祉など幅広い分野で活躍できる人になりたいと強く思ったからです。

また理学療法士の体験よりも鍼灸師の体験の方が自分に合っていると感じました。

鍼灸師の勉強は、正直覚える事が多くて頭がパンクしそうになる事もありますが、
高校で勉強する分野と全く違うので新鮮でとても楽しいし、
新しい知識が入ってくるのがとても嬉しく頑張ろうと思えます。

もしあの時の私と同じような高校生の方がいるなら、
色んな学校の体験に行って、本当に自分に合っている職業を探して欲しいです。

■スポーツ・美容・医療・福祉、全ての分野を学ぶ鍼灸科について詳しく知りたい方は★コチラ★

■GW期間中はオープンキャンパスを毎日開催★日程はコチラ★