【鍼灸科】スポーツ?美容?福祉?医療?福祉?それとも開業?様々な夢をもつ在校生を紹介!

鍼灸師に興味をもったきっかけは人それぞれ。
中には学校の授業や、先生との面談で、より明確な将来像が見えてきた学生もいます。

今回は鍼灸治療に関する勉強をしたり、鍼灸科の先生の話を聴いたりする中で、
入学前と入学後の気持ちや、将来の方向性の変化について、在校生にインタビューしてみました。

■鍼灸科2年 永井 萌さん

140705a

「鍼灸に興味をもったのは、テレビ番組で漢方など東洋医学の特集を見たのがきっかけです。私はもともと他人と違うことがしたいと思っていたので、周りに目指す人がいなかった鍼灸師を目指し、海外で活躍しようと思っていました。体質改善に関する鍼灸治療を学んだ後、私がアレルギーで悩んでいることを鍼灸科の先生に相談したら、先生が鍼治療をして下さいました。その時、かゆみがおさまったことにとても感動し、私も自分のようにアレルギーで悩んでいる患者さんの役に立てる鍼灸師になりたいと思うようになりました。」

■鍼灸科3年 石平 両さん

140705b

「昔からサッカーが好きで、一時はプロサッカー選手になりたいと憧れた時期がありました。しかし自分の実力では難しいと感じ、“サッカー 関わる仕事”とネット検索しました。その時知ったのが鍼灸師でした。当時は漠然と“スポーツに関わる仕事がしたい”としか思っていませんでしたが、今ではたくさんのスポーツ障害やスポーツ疾患を診ることの出来る医療人としての鍼灸師になりたいと考えています。」

■鍼灸科3年 稲垣 沙耶さん

140705c

「私はテーピングをするのが好きだったので、将来は鍼灸師か柔道整復師になりたいと思っていました。鍼灸師は、柔道整復師に比べ、あまり力を使わなくて済むということもあり、鍼灸師を目指すことにしました。入学してから、美容鍼の授業を受け、頬のリフトアップに成功したことにとても感動し、美容分野にも興味をもつようになりました。神戸医療福祉専門学校ではスポーツも美容も学べるので、将来の視野が広がります!」

■鍼灸科3年 今岡 駿さん

140705e

「地元には鍼灸院がほとんどなく、鍼灸院を開業して欲しいという母の願いを叶える為に鍼灸師を目指そうと思いました。鍼灸に関する知識を少しでも多く得たいと思い、2年生まで鍼灸院でアルバイトもしました。就職に関する相談を先生としたところ、“希望している就職先の地域ではお客様を待つより、訪問する方がニーズがあるのでは?”とアドバイスを頂いたのをきっかけに訪問鍼灸に興味をもつようになりました。」

■鍼灸科3年 安保 鈴菜さん

140705d

「部活動の練習中、ヒザを痛めて鍼灸院に通院したことをきっかけに、自分も鍼灸師になりたいと思うようになりました。入学して美容分野の勉強した時、鍼灸治療でダイエット効果が得られたり、肌を明るくキレイにしたりすることが出来ることを知り、美容鍼灸に興味をもつようになりました。」

神戸医療福祉専門学校中央校 鍼灸科の最大の特長は
スポーツ、美容、福祉など全ての分野をしっかり勉強するところです。

「“何となく”鍼灸師になりたい!」と思っている皆さん、
神戸医療福祉専門学校の鍼灸科でその夢をもっと具体的に実現しませんか???

↓↓↓神戸医療福祉専門学校中央校 鍼灸科の詳しい情報はこちら↓↓↓
http://www.kmw.ac.jp/gakka/shinkyu/