【鍼灸科】スポーツ女子必見★「野球に関わる仕事がしたい!だからスポーツトレーナー!」

女子の皆さんも野球やサッカーをする時代、「スポーツに関わる仕事がしたい!」という方も多いはず。

前回の男子編に続き、今回はスポーツに関わる鍼灸師を目指す女子学生をインタビュー!

兵庫県立舞子高等学校出身の殿本いづみさん。
今年の4月、弟さんも本校の鍼灸科に入学して下さり、まさに鍼灸姉弟!!

140713

Q1.学業以外で力を入れていることは?
「鍼灸接骨院でのアルバイトです。主な仕事は受付ですが、さまざまな患者様の症状を見ることができ勉強になります。また院長先生から“挨拶は絶対にする”、“患者様のペースに合わせて話す”、“患者様の言われたことを復唱する”など、患者様とのコミュニケーションの取り方なども教えて頂き、とても勉強になります。」

Q2.将来の夢は?
「ずっと野球が好きで、野球に関わる仕事がしたいと思い、スポーツトレーナーを目指すようになりました。アルバイト先の院長が野球部出身で、その野球部にトレーナーのお願いをして下さり、一緒にと誘ってもらっています。また少年野球のコーチも始められたので、そちらにも参加する計画が進んでいて、とても楽しみです。」

Q3.神戸医療福祉専門学校中央校の鍼灸科を選んだ理由は?
「オープンキャンパスに来た時、学校のアットホームな雰囲気にひかれました。入学してもアットホームな感じはそのままです。勉強は大変だけど、先生とも良い関係だし、クラスメイトとも仲が良くて楽しいです。」

Q.4ご覧になっているみなさんへ一言!
高校の生物は生理学に関わってくるので、しっかり勉強しておくと役に立ちますよ。人体については難しいけれど、新たな発見がいっぱいあっておもしろい。先生がしっかりサポートしてくれるので、迷わず来てほしいな。

鍼灸師はスポーツ以外にも美容分野や産婦人科の領域でも働ける、まさに女性にピッタリの職業です!

神戸医療福祉専門学校中央校の鍼灸科は
スポーツ、美容、福祉、医療、全ての分野を学ぶので、
勉強する中で目指す道を決められるのも特長です。

次回、産婦人科の領域で働きたいと考えている学生をピックアップしますので、
乞う、ご期待!