【鍼灸科】在校生インタビュー★産婦人科や婦人科に来られる患者さんのお役に立ちたい!

スポーツ、美容、医療、福祉と幅広いフィールドで活躍が出来る鍼灸師。
今回はその中でも“女性の為の鍼灸師”を目指す
鍼灸科2年 坪内えり奈さんにインタビューをしてみました。

140730a

■鍼灸を知ったきっかけと今後の目標は?
「陸上部だったことからスポーツ鍼灸に興味をもち入学したのですが、専門学校で美容鍼灸を知り、そちらにも興味をもつようになりました。今は逆子に鍼灸治療が役立つという話にとても関心をもち、産婦人科や婦人科疾患に対する鍼灸治療についてもっと学びたいと思っています。」

■神戸医療福祉専門学校中央校鍼灸科の魅力は?
「一番の魅力は少人数制だというところです。担任の先生は一人ひとりが今どのような状況にいるかを把握していて、いつも気にかけて下さいます。クラスも仲が良くて、教えあったり、協力しあったり。クラスにとても恵まれています。」

140730b

■ご覧頂いているみなさんへメッセージを!
「夢があって専門学校へ入り、思い描いた夢をかなえる。こんな素敵なことはありません。夢があるなら、まず夢への一歩踏み出してみましょう。その夢が鍼灸師なら、私たちと一緒に、中央校で頑張りましょう!」

鍼灸師に興味をもつきっかけは様々。

神戸医療福祉専門学校中央校の鍼灸科では
スポーツ、美容、医療、福祉、全ての分野を学ぶので、
授業を受けていく中で、本当にやりたいことを見つけられるのが特長です。

皆さんも、坪内さんのように学生生活の中で、目指す鍼灸師を見つけてみては???