【鍼灸科】現場で必要とされるチーム医療を学ぶ★関係職種連携授業の様子②

神戸医療福祉専門学校の最大の特長は「チーム医療」を学べること。
「チーム医療」とは様々な医療専門職が連携して一人の患者さんを治療したり、
サポートしたりすることをいいます。

今回は三田校の理学療法士科、作業療法士科、言語聴覚士科、義肢装具士科の学生さん達と
関係職種の連携授業を行いました。

この授業の目的は3つです。
① 他学科の学生さんとチームを組むことにより、互いの理解を深めながら話し合いを進めるコミュニケーション能力を身につける。
② 一人の患者さんの治療を行う中で、それぞれが役割をもち、協力していく為のチームワークをつちかう。
③ それぞれの病気やケガに対する共通の理解を深める。

計4回実施する中で、第2回目となる今回は実際の患者さんにご協力頂き
身体の状態を確認し、日常生活の中で改善して頂きたいこと等を検証しました。

鍼灸科3

実際の患者さんとのコミュニケーション技法を学んだり、
鍼灸師、理学療法士など、それぞれの役割分担を確認し、検証したことを
互いに情報共有することが出来ました。

鍼灸科4

鍼灸科5

あと2回の授業もしっかりとレポートしますので、乞うご期待!

第1回目の様子は↓↓↓のブログをチェック!!
http://www.kmw.ac.jp/blog/chuo/shinkyu/3543/