【鍼灸科】学生インタビュー★島根から神戸に★スポーツきっかけで鍼灸師に興味をもち、福祉分野の授業を通して新たな夢を発見!

神戸医療福祉専門学校中央校は兵庫県外からもたくさんの入学実績があります
今回インタビューに協力してくれた髙橋なおみさんは島根県出身!(島根県立邇摩高等学校出身)

鍼灸 スポーツ 福祉 専門 学校 関西 兵庫 神戸

どうして神戸の学校を選んだのですか?

髙橋さん「親から自立しないといけないと思ったので、地元から離れて、県外の専門学校に進学しようと思いました。広島だと中途半端に近いし、大阪は都会過ぎて馴染めないと思ったので、雰囲気が好きな神戸にしようと思いました。オープンキャンパスに参加した時、先生が笑顔で迎えて下さり、親身に接して下さったので、ここの学校の先生なら何でも相談出来ると感じ、この学校に決めました。」

卓球部で後輩が腰を痛めた時、顧問の先生がケアしている姿を見て、
スポーツをがんばる方のサポートをする仕事に興味をもち、
自身の鍼灸治療体験を通して、その効果に感動し、鍼灸師になりたいという想いが固まったという髙橋さん。

今では学校の授業でデイサービス実習を体験し、福祉分野について学ぶ中で、
高齢者の方へのケアをしていきたいと新たな夢を見つけられました。

スポーツ、美容、医療、福祉、全ての分野を全員が学ぶ神戸医療福祉専門学校中央校の鍼灸科★
あなたも中央校の鍼灸科で新たな夢を見つけてみては?

鍼灸科について詳しく知りたい方は★こちら★
鍼灸科のオープンキャンパスについては★こちら★
中央校へのアクセスについては★こちら★