【作業療法士科】自分に向いている仕事って何?看護師に憧れていた私が「作業療法士」を目指した理由

こんにちは!

入学事務局の居村です。

高校3年生の方は、大学の一般入試などもはじまり最後の正念場という方も多いのではないでしょうか。

 

さて、今回は作業療法士科の学生へのインタビューです★

はじめ看護師を目指していたところから作業療法士に進路変更した大黒さん。

なぜ最終的に作業療法士を選んだのか、お話を聞いてきました!

 

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

OT

作業療法士科1年

大黒 智未さん

兵庫県立淡路三原高等学校出身

 

小さい頃から人のために何かすることが好きだった私。

父が入院したこと、住んでいた地域に高齢者が多いこともあり、

地域医療に興味をもち看護師を目指していました。

 

ところが高校3年生の11月頃、自分は本当に看護師に向いているのか、進路に悩みはじめました。

「もしかすると看護師よりももっと自分に合った医療職があるのではないか…」

そう考えて医療職を調べていたときに、作業療法士の仕事を見つけたのです。

作業療法士を調べると、リハビリに「作業」をつかうということ、患者様の今ある体の機能を活用して生活能力を高めるという関わり方を知り、

知れば知るほど興味をもつようになりました。

しかし、それまでずっと看護師を目指していたこともあり、どちらの道に進むべきか本当に悩みました。

 

作業療法士になろうという覚悟ができたのは、三田校のオープンキャンパスに参加したことがきっかけでした。

オープンキャンパスでは、作業療法士がどんな職業なのか、より理解を深めることができました。

そして何よりも、親身になって悩みを聞いてくれた先生や先輩方が決め手となりました。

先生には初めて会ったばかりでしたが、看護師を目指していて迷っていることを相談したいと自然に思えて、1対1でじっくり進路の悩みや不安を聞いてもらうことができました。

実際に通っている学生スタッフの先輩方は、どんな勉強をするのか、学校はどんな雰囲気かなどを聞くことができました。

悩みを相談したことによって自分の考えが整理されて、

「作業を通じて深く人のために関わる」作業療法士がマイペースな自分に合っていると思い、作業療法士を選びました。

OT2

今は作業療法士を選んでよかったと思っています。

元々高齢者のサポートをしたいと思っていましたが、勉強しているうちに人の発達にも興味が出てきており、日々興味の幅が広がって楽しいです。

大学という選択肢もありましたが、定期的に行われるテスト対策や整った生活リズムにより国家試験に向けての勉強がしっかりできているので、専門学校を選んでよかったなと思います。

専門学校といっても4年制なので、比較的自分のペースで学ぶことができるところも自分には合っています。

 

高校生のみなさんには、自分の目指す職業についてしっかり知ってほしいです。

自分に向いているのか、本当になりたい職業なのかどうかを最後まで考えることが大事だと思います。

また、オープンキャンパスに参加することで、新しい考え方が生まれるかもしれませんよ。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

大黒さん、ありがとうございました。

進路についてじっくり向き合った結果、本当に自分に向いていると思える職業に出会えたのですね。

みなさんも、最後まで妥協せずに進路について考えてみてください。

そして、迷いや悩みはぜひ三田校のオープンキャンパスで相談してみてくださいね。

 

 

先生と学生の距離が近くて相談がしやすい

●作業療法士科のページはこちら●