【理学療法士科】ぼくが理学療法士に決めた理由★

こんにちは!入学事務局の馬本です。

高校生の皆さんは、そろそろ春休みに突入でしょうか。桜の咲く季節はもうすぐですね。

 

さて、本日は学スタも頑張っている在校生を紹介!

PT

徳島県立鳴門高校出身

理学療法士科新2年生の神野くんです!

 

神野くんは、高校3年生の春には進路を決めていたんだそう。そんな神野くんのインタビューをぜひ最後まで読んでみて下さい♪

 

1.理学療法士を目指そうと思った理由は?

元々、筋肉のことや体の仕組み、体の動きに関して興味があり、進路について悩んでいた頃に両親に進められたことがキッカケでした。両親が病院で働いているので、実際に理学療法士の仕事を見たり、話を聞いて、興味のある分野であるだけでなく、人に感謝されるやりがいがある仕事だと思いました。そして祖父が筋肉が強張る病気にかかり、助けたい、という想いが強くなりました。

 

2.三田校に入学しようとした決め手は?

オープンキャンパスに参加した際に教員の先生方がとても接しやすかったんです。また学生スタッフも他の学校より明るくしっかりしている印象で、ここでなら自分も日々頑張れそうだと思いました。実習の多さや患者さんを招いてリハビリを行うなど、実習内容も魅力的でした!

 

3.新高校3年生の皆さんに一言!

自分のやりたいことがハッキリ決まっているのであれば、専門学校はそれに向かって真っ直ぐ頑張れる場所です。学校の見学は必ず行って、納得のいく進路を選んで下さい。

 

神野くん、ありがとうございました★

春休みのオープンキャンパスは本日開催したばかりです!

神野くんのように、早めに学校見学をして、自分の進路と向き合ってくださいね。