【救急救命士科】実習授業の紹介(気管挿管実習)

こんにちは、救急救命士科です!
今回は、2年生の気管挿管の実習について紹介します。

臨床実習も終え、気持ち新たに実習に取り組んでいます。

気管挿管とは、気管の中に直接チューブを入れて酸素を送ることができる高度な手技です。

実習はいろいろな種類の人形を使用して、繰り返し練習を重ねます。

001002

 

 

気管挿管は準備から気管挿管終了まで医者と連絡を取りながら行います。

003004

 

 

 

 

 

 

 

 

気管内チューブを入れる口腔内を自分の目で確認してからチューブを挿入し、

チューブが気管の中に入っているかを聴診器で確認します。

この気管挿管を実施することによって、気管内に溜まっている分泌物や異物を
吸引することができます。

005

006

 

 

 

 

 

 

 

吸引の練習もいろいろな人形を使用しています。
手技練習をしっかり行って、
シミュレーション実習の隊活動でも実施できるようにしています。

これから新しい手技がどんどん入っていきます。
一つ一つの手技を完璧にして次のステップへ進んでいきましょう!!