2年で消防を目指すための、救急救命士国家資格取得のメリットとは?

こんにちは、入学事務局の救急救命士科担当の原田です!

今回は、消防士や救急救命士を目指す高校生のみなさんから

よくご質問いただく内容について、お伝えしようと思います(^-^)

「消防士を目指すにあたり、救急救命士の国家資格を

取得するメリットは何ですか?」

 

救急救命士の国家資格は、人命救助に関わる知識や技術を学ぶので

主として救急隊員等ではその資格は非常に役立ちます。また、地方によっては

救急救命士の資格取得者には公務員試験に別枠を設定する自治体もあります。

消防試験は公務員なので、受験には年齢制限があるので、

救急救命士の資格を持った消防士を目指すためには、

 

1年でも早い受験が消防就職へのチャンスを広げることにつながるんですね!

消防署への就職の流れを図を使ってご説明します!

shoubou001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

救急救命士の活躍の場である、消防署で働くためには、その消防署が所属する自治体の公務員に合格する必要があります、

多くの養成校は3年制を採用していますが、神戸医療福祉専門学校三田校は

2年間で救急救命士に必要とされる知識と技術を習得することができます!

年齢制限のある公務員では、1年でも早い受験がチャンスを増やすことになります!

 

 ~最新の救急救命士体験授業イベント~

018

10/8(土)に開催!

救急救命活動体験!
今日から使える応急手当を学ぼう!

救急救命士の職業体験!オープンキャンパスはこちら☆

 

 

10月1日から一般入試・推薦入試の出願受付開始!入試情報はこちら★