義肢装具の教育者たちが世界から集合!

こんにちは!入学事務局の馬本です。

6/26(木)三田校で開催されました、国際義肢装具協会によるGEM(Global Educaters Meeting:世界教育者会議)2日目のご紹介をします!
※GEMとは
世界の義肢装具士養成校で互いに協力する機会を増加させ、よりグローバルで深い教育を目指す目的で、6/25~6/27の3日間行われた世界会議です。
その2日目の会場が神戸医療福祉専門学校三田校でした!

この日に向けて、半年前から準備に取り組んできた学生たち。
いよいよお出迎えでどきどき…。
zu1
本校のイメージカラーであるグリーンのおそろいTシャツです!拍手で迎えられた参加者の方々もとても喜んでおられました。
zu2

さて、ここからが本番。
代表者から、義肢装具士の教育者としての在り方についての意見や考えがプレゼンテーションで発表されます。
zu3
続いて12のグループに分かれ、義肢装具士養成者としてどうあるべきか。いかに各々の学生の良さを引き出すのか、苦手な部分を向上へと導くのか。学生への教え方、学生の評価の方法などを中心に話し合いが行われます。義肢装具士は、患者さんと深く関わっていく必要がありますので、授業でも患者さんと触れ合う機会を多く持たせる、という意見は世界共通で一致していたようです。
そして、ここで学生から日本文化のご紹介!
浴衣、柔道着、剣道着で登場してきた学生に、会場から歓声をいただきました!
zu4
けん玉や折り紙の披露に拍手喝采!
zu5
zu6

そして、校内見学。
実習室内の機械、さらにクラスや授業の説明を、学生たちが英語で行います。
参加者の方々も興味津々!
zu7
その後ミーティングやプレゼンテーションがいくつか行われ、最後に皆さんで記念撮影!
zu8
世界義肢装具協会の皆さまだけではなく、三田校の教職員、そして学生にとっても刺激的な時間となったのではないでしょうか。
これからも学生と業界、世界がつながる関係でいられますように。
準備を進めてこられた世界義肢装具協会のみなさま、三田校の教職員、そして学生の皆さん、お疲れさまでした!