【救急救命士科】1年生の最初の実習☆

こんにちは!救急救命士科です。

今回はこの春に入学した学生達の学内での

最初の実習の様子を紹介します。

一年生の最初の実習は「心肺蘇生法」です。

これは救急隊の救命処置でも基本となる手技です。

1 2

初めて胸骨圧迫と人工呼吸をした学生も多く、はじめは苦戦していましたが、

練習を重ねるたびにどんどん上達!!

またAEDによる除細動(電気ショック)の使用方法も学びます。

3 4

感電の恐れがあることから、ショックを打つ際に傷病者から適切な距離をとり、

救助者や周囲の方の安全を確保することを徹底しています。

みんな大きな声を出してしっかり安全確認をしています^^

 

入学後、初めての実習で緊張感もあり、

班員同士でのコミュニケーションも苦労していた学生たちは、

2週間経ち、お互いに刺激し合えるいい関係

になってきました。

5

1ヶ月後には心肺蘇生法の試験。6月には中高生に指導します。

21期生クラス全員で頑張りましょう^^

 

1年生も初めて学んだ心肺蘇生法を学べるオープンキャンパス!

5/6 (土)12:30~16:00

救急救命活動体験!目の前で人が倒れた!命を救う心肺蘇生法を体験しよう!

4月の残りのオープンキャンパス日程はあと2日!

4/29 (土)12:30~16:00

交通事故発生!救急救命士が行う外傷処置を体験しよう!

4/30 (日)12:30~16:00

救急隊が使う搬送資器材を学ぼう!

ご予約・詳細はこちら★