【救急救命士科】救急隊に命をつなげ!教職員を対象にCPR講習会を行いました!

こんにちは!救急救命士科入学事務局です。

先日、神戸滋慶学園の教職員を対象にCPR(心肺蘇生法)講習会が実施されました!

CPR1

講師は…救急救命士科の教員&学生スタッフ!

CPR 講習

みなさんは「一次救命処置」ということばを聞いたことがありますか?

目の前で人が倒れた!心臓が止まっていて呼吸もしていない!

そのような場合に居合わせたとき、一般市民のわたしたちが救急隊が到着するまで命をつなぐ、それが「一次救命処置」です。

具体的に何をするかというと。。。心肺蘇生法AEDの使用です!

 

倒れている人を発見したとき、

まずは「安全確認」!自分自身の安全を優先して倒れている人の元へ向かいます。

そして「反応の確認」 肩をたたいたり、だんだん声を大きくして声掛けをしたりして、倒れている人の反応を見ます。

次に「応援要請」 周囲の人に応援をたのみます。119番通報とAEDを持ってくるように依頼します。

その後、「呼吸確認」 倒れている人が「普段どおりの呼吸ができているか」が重要な判断基準です。

そして、胸骨圧迫AEDの使用に入ります!

 

胸骨圧迫は救急隊が到着するまで行います。

15分間胸骨圧迫をし続ける場合もあるそうです!とても体力を使います!

受講生の教職員は30秒で息もきれぎれです。。。

CPR2
AEDを持ってきたら、AEDの電源を入れてパッドを装着!

AEDには電気ショックが必要かどうか解析してくれる機能があるため、使ってよいかわからないというときでも迷わず使いましょう!

CPR3

講習会の最後には、実際に現場を想定したシミュレーションも行いました!

CPR4

今回の講習会で「一次救命処置」の大切さを学びました。

万が一の事態に実際に対処できるように、教職員一同備えていきます!

 

ELTブログ用_GAKKAバナー

ELTブログ用_OCバナー