【救急救命士科授業紹介】事故発生!救急現場で求められる観察と処置とは

こんにちは!救急救命士科です!

今回は一年生の授業風景を紹介します。

 

夏休みも終わり、いよいよ外傷活動が始まりました。

事故発生時に対する救急活動をこれから約2ヶ月間かけて学びます。

 

それでは実習の様子をご覧ください。

1

2

外傷の救急現場では迅速な観察と処置が求められます。

出血に対する止血、全身の観察方法や全身固定などを限られた時間のなかで

行っていかなければなりません。

学生達は新しいことの連続で初めは戸惑いを見せていましたが、

必死に練習に取り組み少しずつ成長していきます。

3

4

これからさらに難しくなっていく外傷活動。

厳しい事もあるかもしれませんが、19期生全員で学び、さらにステップアップ

していってください!

頑張れ!19期生!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

救急救命士科についてさらに詳しく知りたい方はこちらから!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*