救急救命士が実施できる気管挿管、薬剤投与とは?

こんにちは!救急救命士科です!
今回は、2年生の実習風景を紹介します。

気管挿管薬剤投与は認定救急救命士にしかできない特定行為です。

まずは、気管挿管です。
あ

2

気管挿管は医師の具体的指示下で、器具を使ってのどの奥を覗き込みながら
気管に直接チューブを挿入して、気道を確保する処置になります。
最良の気道確保ですが、リスクも伴い一歩間違えば医療事故にも繋がります。

学生たちは医師への連絡方法や、一連の流れを何度も何度も繰り返し練習して手技を
マスターしていきます。
通常の方法ができると、次はビデオを用いた気道確保(気管挿管)の実習を行います。

次は薬剤投与です。
3

4

薬剤投与はまずは点滴をとり、アドレナリンという薬剤を投与します。
練習をして完璧にできるようになると
「できました!」と言わんばかりの笑顔を見せてくれる、陽気な18期生です!笑

最後は1日かけて学んだことを含めての隊活動です。
5

6
それぞれの手技練習では素早くできていたことも
やはり活動となると、難しく感じる学生も・・・・
目標とする救急救命士になれるよう日々努力あるのみですね!

公務員試験も迫ってきました。同時に新たな処置実習も増え、個人や実習班での練習も
大切です。

18期生の仲間と実習が出来るのもあと4ヶ月もありません。みんな頑張れ!!

◆高校生・社会人のみなさま☆
10月1日から、高校3年生の皆様も一般入試・推薦入試の出願受付がスタートします!

一般入試の詳しい情報はこちら

推薦入試の詳しい情報はこちら

◆高校2年生のみなさま☆
ご紹介した救急救命士の体験授業ができるオープンキャンパス情報はこちらから☆

みなさまの夢への一歩を応援しております!