【整形靴科】医療×◯◯=整形靴 第二弾「スポーツ」篇

こんにちは!入学事務局の居村です(^^)
11月も中頃、街が少しずつクリスマス仕様になってきましたね★

さて、今回のテーマは「医療×◯◯=整形靴」
整形靴科の在校生がそれぞれ入口として調べていた◯◯は何だったのか
整形靴と出会ったきっかけを聞いてきました!

第二弾は…「スポーツ」篇です!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

医療×スポーツ=整形靴

DSC06211

整形靴科2年
澤井郁弥さん(27歳)
前職:家具の販売

 

転職を考えはじめた頃は、「整形靴」を全く知りませんでした。

医療の道を選んだのは、

手に職をつけたい

人の役に立ちたい

という思いがあったからです。

元は、サッカーやフットサルが好きで、

スポーツに関わる仕事として、理学療法士を調べていました

「理学療法士」というキーワードで調べていたところ、

「整形靴」というワードを知り、どんな分野なのだろうかと興味を持ちました。

そこで、まずは整形靴とは何か知りたいと考え、

思い切ってオープンキャンパスに参加してみました。

オープンキャンパスに参加してはじめて整形靴を知り、

自分がつくった靴で人を笑顔にしたいという夢ができました

整形靴技術者は、しっかりとその人の足の様子を観察して、必要な調整を加えることによって、正常な歩行を導くことができる仕事です。

就職は、お客様対応と製造のどちらもできる靴工房を中心に考えています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

違う分野から入って「整形靴」に出会い、

今は整形靴技術者を目指す澤井さん

「整形靴」とは何か?

まずは、お気軽にオープンキャンパスで知ってみませんか?

 

★整形靴科オープンキャンパスへのご参加はこちら★