【整形靴科】1年生の会社見学レポート★

OF

こんにちは!整形靴科です。寒い日が続いていますが、皆さん体調はいかがですか?

 

さて、先日、2年生が卒業実技試験真っ只中の中、1年生全員で大阪府大東市の「川村義肢株式会社」さまへ見学に伺いました!

こちらは日本最大級の義肢装具製作所で、就職、学外実習と、日ごろから大変お世話になっている会社です☆

実は、例年秋頃に見学に伺っているのですが、今年度は季節はずれの台風の影響で
1月に延期になっておりました!!

今回の見学の目的は、整形靴科卒業生の多くが就職する
「義肢装具製作所」での仕事を実際に見て、知ること。
義肢装具製作所では整形靴作りだけでなく様々な
装具が作られているので、そういった知識を得ることも目的です。

まずは広い会議室で会社紹介やユーザーさんの声をVTRで見せていただき、
その後、2グループに分かれて社内を見学させていただきました。

OF2

こちらのグループが最初に見せていただいたのは展示スペースです。
義肢装具の歴史と変遷について説明していただきました。
貴重な展示品の数々に、最初は遠慮しがちな様子で見学していた学生たちも、
次第にショーケースを覗き込み、撮影させていただく学生も。

OF3

その時階下では、もう一つのグループがショールームを見学させていただいていました☆

続いて、ショールームで、毎年大人気の人工ボディを見せていただきました。
例年ですが、思わず「おーっ!!」と驚きと感動の声があがります!!

OF4

そして、製造現場へ!!

OF5 OF6

歓迎プレート!!いつもありがとうございます!!
お仕事中にもかかわらず、たくさんの社員の方が学生に挨拶してくださり
声をかけてくださいました。
2年生の整形靴製作実習を担当してくださっている
眞殿先生のお仕事現場も見学させていただきました☆

OF7

今年も製靴部門を間近で見られるようにルートを組んでくださり
実際に卒業生が働いている様子も見せていただきました!
そして、それだけではありません!!
卒業生に製靴部門を説明・案内してもらえるタイムを作ってくださり
8期卒業の桑原さんが熱い説明をしてくださいました!!

OF8

「学校で学んでいることと現場では違うこともあると思いますが
学校で特に学んでおけば良かったと思われたことは何でしたか?」
という学生の質問に

「学校で様々な靴作りを学んできたからこそ、現状の靴作りに満足せず、
もっといい靴にできるはずだという気持ちを持てると思います。足に障害をお持ちの
患者様、お客様も、皆さんと同じような普通の靴が履きたいと思っておられます。
『特別であって特別でないもの』を作ることが私たちの目標ではないでしょうか」

と・・・!!!何と素晴らしい先輩でしょう(涙)

教え子の素晴らしい成長ぶりに感動してしまいました・・

OF9

他にも多数の卒業生が元気に靴作りに励んでおり、
笑顔で挨拶してくれました☆

OF10 OF11

見学終了後も、シャトルバスが来るまでショールームを見学させていただき
健康靴を試着させていただいたり福祉用具に感心したり
女性陣はずっと気になっていた車椅子にも試乗させていただき
大満足の見学となったようです。

川村義肢株式会社の皆様、お忙しい中、見学を受け入れていただき、
また懇切丁寧にご対応いただきまして、本当にありがとうございました!
義肢装具製作所の仕事を実際に見ることができ、また卒業生の働く姿を目の当たりにし、
自分達が目指す職業について具体的なイメージを持つための素晴らしい機会となりました。
今後とも何かとお世話になるかと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます!!

 

いかがでしたか?業界との強いパイプを持つ本校ならではの「会社見学」です。その他に整形靴科では、実際の会社や工房にて製作をする「インターンシップ」の機会もございます。本校の就職までのサポート制度や、就職先などを知りたい、という方はぜひ直接オープンキャンパスにお越し下さい★土日が難しい方は、平日の学校見学も可です。

日本で唯一!整形靴を学ぶ!神戸医療福祉専門学校三田校整形靴科の資料はコチラ★

オープンキャンパス・平日来校見学のご予約はコチラ★