【整形靴科】靴製作実習に潜入!学生に靴を作ってもらったら②〜木型編〜

こんにちは!

入学事務局の居村です。

季節の変わり目ですが、みなさん体調には気をつけてくださいね。

 

さて、今回は靴製作実習レポート第2弾!

第1弾 採型編はこちら

「石膏」で足型をとり、木型を作る授業をご紹介します。

 

現在、入学事務局の私が、モデルとして授業で学生に靴を作ってもらっております!

前回足の採型をしてもらいましたが

次は石膏で木型を作ります。

 

この木型の素材は、主に3種類

石膏、発砲樹脂、木のいずれかを使います。

052601

 

1年生では木を使った型作りをします。

こちらは、既製品の木型をユーザーさんに合わせて盛ったり削ったりしていくという方法であるため、調整の幅は大きいですが、初心者でも形がきれいに仕上がります。

2年生からは、石膏と発砲樹脂を使用します。

発砲樹脂は長期保存に適しており、同じ木型を何回も使用して靴作りができます。

 

そして、今回使う石膏は、多くの義肢装具製作会社で使われています。

義肢装具製作会社では、コルセットなどの様々な装具・義肢を製作する際に石膏を用いるため、なじみが深い素材なのです。

052602

同じ木型でも、それぞれ特徴があり、なかなか奥が深いですね〜

様々な素材を使って木型をつくる練習をするため、様々な分野へ就職するときにも役立ちます!

052603

前回採型した足の型に石膏を流し込んで、

外側のギプス部分をはがします。

052604

この足型にさらに石膏を盛ったり、削ったりしながら調整していきます。

ユーザーさんの足に合わせていくために、この作業が重要なのですね。

 

今回は石膏を使う靴作りについてでした~

次回は「仮合わせ」編です。お楽しみに♪

 

 

1・2年間で本格的な靴作りの知識・技術を身につける

○整形靴科のページはこちら○

 

実際に石膏で足型を作る体験ができる

●整形靴科のオープンキャンパスはこちら●