【整形靴科】靴作りは木型が大事! 1年生足の型採り体験 その2!!

今回は、前回と引き続き整形靴科1年生の足の型採り体験の授業をご紹介します。

キャスティングそっく全体

1年生の足の型採=採型の授業!!
キャスティングソックを用いた採型も体験しました!

簡単に言うと、「樹脂がまぶされた靴下」であるキャスティングソック。
素手で触れないのでゴム手袋着用です!
靴下を履かせるだけという単純にみえる工程なのですが、
ぐにぐにするため、学生にとっては扱いが難しい様子。

キャスティングそっく伸ばす キャスティングそっくはかせる

キャスティングそっく協力 キャスティングそっく苦笑い

二人体制での悪戦苦闘に、お客様役の学生も苦笑いです(^^;)

キャスティングそっく切る

そして、樹脂が固まってきたら、やっぱり刃物を使って切り開き、足を型から抜きます。
足が切れないと分かっていても、ギプスバサミを使う、そして使われる感触に
採型役もお客様役も非常に緊張していました。
プロとして採型をするにはまだまだ訓練が必要です!
靴作りの道は一日にして成らず!!頑張れ1年生~!

授業についてもっとわかる
整形靴科のページはこちら

靴づくりの体験ができる
オープンキャンパスはこちら