【整形靴科】卒業生インタビュー「靴作りを誰よりもお客さまの側で」

靴職人になりたい。靴作り、整形靴に興味のあるみなさん、こんにちは。
日本で唯一、整形靴の技術が学べる整形靴科の入学事務局です。

さて今回は、三田校の整形靴科を卒業後に健康靴店に就職し、利用者さまと直接関わりを持ちながら、足に合う健康靴のフィッティング、リペア、オーダーメイドインソール・シューズの製作を行う塗田さんにインタビューさせて頂きました。

IMG_7349

塗田さんが働くのは、健康靴やインソールの提案販売だけでなく、歩行指導、定期的なチェックなど、提供後のサポートにも力を入れておられる株式会社 金星商店 西山靴研究所です。

豊富な健康靴のラインアップに加え、エレガントなパンプスや、デザイン性に優れた紳士靴などお客様の要望に合わせたオーダーにも対応されています。

IMG_7354

IMG_7356

足の専門家である義肢装具士の西山社長は、三田校の義肢装具士科の卒業生でもあります。

西山靴研究所は、医学的知識に基づいた、足のカウンセリングと整形靴技術にも対応、巻き爪や魚の目等のフットケアサービスにより、快適な歩行をサポートしてくれる専門店です。

そんな専門性の高い店舗で整形靴技術者として働く塗田さん。

塗田さんの一番のやりがいは、

”自分が思い描く製作や調整方法にチャレンジし形にする中で、お客様の喜びをご自身の目で見れること”だそうです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

「将来は手に職をつけたいといつの間にか思うようになっていました。

もの作りが好きで、母は介護福祉士、兄が作業療法士という医療・福祉の分野でやりがいを持って働く人が身近におり、自分自身もボランティアに参加することが多く、

学校の先生から「医療・福祉」「もの作り」の分野の勉強ができる専門学校がある、と教えてもらったのが、神戸医療福祉専門学校三田校を知ったきっかけです。

高校生のときに、実際にオープンキャンパスに行き、

単に靴製作をしたい、お洒落な靴を作りたい、という訳ではなく、足に障がいのある患者さまも含めて

”どんな方にも履くことを楽しんでいただけるような靴の製作技術を学びたい”

と 思うようになりました。
三田校の授業で印象に残っているのは、モデル患者さんに協力いただいて、足型測定から製作、納品までを自分が全て担当できる授業があり、伝えること、作ること、そして適合することの難しさを直に学んだことです。

現在は、お客様が靴を履き、1、2歩踏み出したときの表情で適合が良かったかどうか分かります。

社長が義肢装具士であり、自分が思い描いた調整や製作方法にチャレンジさせて頂ける職場に感謝しています。

勤務して10年になりますが、まだまだ自分の未熟さ、至らなさを感じています。

お客様に満足して頂ける結果を追求して、試行錯誤している時の苦しさはありますが、利用者の方の笑顔が見られた時、喜んでいただけた時は、この職業を生きる道として選んでよかったと感じています。」

 

IMG_7347

IMG_7369-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

塗田さん、ありがとうございました。
今後もご活躍をお祈りしております!

足元から暮らしを支え、靴作りのエキスパートとして活躍する靴職人。詳しい職業についてのページはこちら!

 

塗田さんの活躍される株式会社 金星商店 西山靴研究所の詳しい内容はこちら!