【整形靴科】実習授業の紹介~靴の仮合わせ~

靴職人になりたい。
靴作り、整形靴に興味のあるみなさん。

こんにちは。
日本で唯一、整形靴の技術が学べる整形靴科の入学事務局です。

今回は、整形靴科の2年生の実習授業をご紹介したいと思います!

先日、靴の仮合わせ実習授業がありました。

001

 

 

 

 

 

 

靴の仮合わせとは?

足の型採りから作った木型が、足に合うようにできているかをチェックする工程です。

下記の項目をモデルさんの足に合わせて、コミュニケーションを取りながらチェックをしていきます。

・足裏のサポートが合っているか。
・歩行時の身体のバランス、足の運び方はどうか。
・きついところゆるいところはないか。
ある場合、その原因は何なのか。

そして、この仮合わせの結果を参考にして
木型の再修正を行い、本番の靴づくりに進んでいきます。

 

整形靴科の特徴は、透明なプラスチック素材(ペットボトルのような素材)で作った仮靴で仮合わせを行うところです。

002

 

 

 

 

 

 

靴の中で足がどうなっているかが一目でわかります。

必要に応じてプラスチックより軟らかい素材や、革で仮靴を作ることもあります。

また、仮合わせの作業に必死になりすぎてお客様対応を忘れないように、接客販売実習などで、コミュニケーションをとりながら確認作業を行う対応の仕方を常にトレーニングしています。

004

 

 

 

 

 

 

 

限られた時間の中で、足底板(靴の中敷)の微調整を行ったり、靴底やヒールの厚みを変えたりして、よりよい履き心地、フィッティング、よりよく歩ける状態を探していきます。

また、モデルさんの希望やお好みを反映しながら、足のお悩みを解消できる靴にするため、デザインや色についてだけでなく、必要な機能性についてもじっくりとお話しします。

接客販売実習や足の情報収集の実習で練習してきたことを技術と結びつけていく実習です。

今回は、2年生の靴の仮合わせ実習授業をご紹介しました。

そんな「整形靴科の実習授業」を実際に見学できる学校・授業見学会を開催します!
▼日程
7/5(水)14:00~15:30
7/8(土)11:00~12:30、14:00~15:30
7/12(水)14:00~15:30
7/15(土)11:00~12:30、14:00~15:30
7/19(水)14:00~15:30
7/26(水)14:00~15:30

of_blog_cv_banner02