【作業療法士科】3、4年生の症例発表会をレポート☆

こんにちは!作業療法士科の山下です。

今回は症例発表会についてのお話です。
神戸医療福祉専門学校三田校 作業療法士科4年生が8週間の臨床実習を終え、その実習の成果を全員が発表します。
今回の発表会には実習を行った4年生に加え、近々に実習を控えた3年生も参加しました。

★発表の様子★

1

発表は1人7分間。これは作業療法学会で用いられるルールと同じにしてあります。
学生はその時間で自分が実習で行ったことや成果をまとめて発表します。

~真剣に発表を聴く学生達~

1

~質疑応答~

2

一度発表が終わると、次は学生どうしでのディスカッションがはじまります。
上級生・下級生関係なく、活発な意見が飛び交います。

~教員からの指導~

2.bmp

学生どうしのディスカッションが終わると教員からの指導が入ります。学生にとっては緊張しつつも熱心に指導に聞き入る瞬間です。

4年生にとっては、実習を終えた振り返りに、3年生にとってはこれから控える実習に向けての予習になりましたね。

作業療法士科についてもっと知れる!
○学科ページはこちら○