【作業療法士科】内定速報☆兵庫県のさんだリハビリテーション病院に内定!

こんにちは!
神戸医療福祉専門学校三田校の居村です(^-^)
寒さが一段と強くなってきましたが、みなさん風邪などひかれていませんか?

さて、作業療法士科より内定速報が届きました!
今回は、さんだリハビリテーション病院に内定した4年生の福井さんです。
作業療法士という仕事の魅力・三田校での学校生活で得たものなど、インタビューをしてきました!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
作業療法士科4年
福井裕貴さん
(有馬高等学校出身)
w

1. 作業療法士を目指そうと思った理由は何ですか?また作業療法士の魅力とは?
高校2年生のときに作業療法士という仕事に興味を持ったのですが、
はじめのきっかけは、趣味や遊びを使ったリハビリというのがおもしろそうだと思ったからでした。
作業療法を勉強していく中で、生活の中で必要な動作を見極めることが大事だと感じています。
生活に密着することで人としっかりと深く関われるところが作業療法士の魅力です。

2. なぜ神戸医療福祉専門学校三田校に入学しようと思いましたか?
実習が充実していたからです。
4年制専門学校は、大学よりも実習時間が多いです。
臨床に出たときに即戦力になれると思い、三田校を選びました。

3. 内定先を目指した決め手は何でしたか?
職場の人間関係です。
新設の病院なのですが、系列病院の方のお話を聞くことができて、「他職と壁をつくらない」という方針にひかれました。
三田校で「チーム医療」を学んだことも活かしたいです。

4. 三田校で4年間学んで、役に立ったと思うこと・よかったことは何ですか?
唯一無二の友人ができたことです。
4年間の学校生活の中で強い絆が生まれたと思います。
今は国家試験対策としてグループで自主学習をして、わからないところを教えあったりしています。
また、夏休みには海に行ったり、冬休みにはスノーボードに行ったり、年に2回はみんなで誘い合って旅行に行っています。10人以上でのワイワイした旅行です。
みんなで楽しむことのできる仲がよい学科なのが自慢です!

5. これから作業療法士として働くにあたっての抱負を教えてください。
患者様から信頼していただける作業療法士になりたいです。
三田校で、「人生に沿ったアプローチ」をすることを学びました。
患者様には患者様の人生があり、患者様の生き方・生き様を学びながら、
その方自身の人生にあった作業療法をこれから実践していきたいと思います。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

福井さん、ありがとうございました!
患者様の「人生」に寄り添う、「生活」に寄り添うというのが作業療法士の仕事なのですね。
今は仲間とともに国家試験に向けてがんばっておられます!
さんだリハビリテーション病院で素敵な作業療法士を目指してくださいね!

作業療法士の仕事についてもっと知れる
○作業療法士の学科ページはこちら