【作業療法士科】宝塚リハビリテーション病院に就職内定!

こんにちは!入学事務局の中田です!
寒い日が続いてますね(T_T)
こんな時は、こたつでみかんが一番ですが、
外に出る時は、暖かい格好でお出かけくださいね♪

さて、作業療法士科からぞくぞく内定者が出ています♪
本日は、作業療法士科4年生の三石くんをインタビュー形式でご紹介したいと思います。

宝塚リハビリテーション病院に内定!

IMG_8298

作業療法士科4年生
三石 真輝くん
兵庫県立三田西陵高等学校出身

①作業療法士を目指したキッカケは??
祖父が病気になってから、リハビリをする姿を目にしたことがキッカケです。
リハビリをして、出来ることが増えていくうちに顔の表情が明るくなる祖父を見て、
自身も高齢者の方に、いきいきした人生を送ってもらえる仕事がしたいと思いリハビリを目指しました。
初めは、理学療法士も考えていたのですが、日常生活の活動をサポートしたり、
こころの面からもリハビリ出来る幅広さを知り、作業療法士に決めました。

②三田校で印象に残っていることは??

やはり、実習を乗り越えるのが大変でした。
座学で勉強したり、映像を見てレポートを書いても、
実際に、人を相手にして動作を確認することは難しかったです。

しかし、クラスの友人と切磋琢磨しあい、
実習を乗り越えたことは、自分にとって1番成長できた時間でした。

IMG_8278
(福祉用具について友人に説明している三石くん)

③内定先を志望した理由は??

3年生のときに行った、実習先でした。
医師や看護師、理学療法士や言語聴覚士などの他職種とも壁が無く、
患者さんを第一に考えている雰囲気の中、自身もここで患者さんのサポートがしたいと思いました。

また”動作の回復”だけではなく、そこから少しでも”自立した日常生活を営める”ように
生活に焦点を当てリハビリをしている所に共感し、志望しました。

④作業療法士を目指す方へのアドバイス

進路を選ぶ時に、「勉強についていけるか不安」と最初に思うかもしれません。
でも、本当に一番大切なことは”やる気”です。

まずしっかり自分で目標を決めること、
その後は、目標に向かって走るだけです。

IMG_8226
(国家試験の勉強をクラスの友人としている三石くん)

クラスには、同じ目標を持った仲間がたくさん居ます。
授業や実習は、大変なこともありますが、
私もクラスの友人と助け合いながら、一緒に乗り越えてきました。

今も国家試験に向けてクラスでグループになって
勉強を教えあっています。
作業療法士の夢に向かって、みなさんも進路選択がんばってくださいね!

—————————————————-

三石くん、ありがとうございました!
高齢者の方に活き活きした人生を送ってもらいたい!
という気持ちで決めたリハビリの道でしたが、
就職も、その目標にむかって頑張れるところから内定を頂きましたね!

後は、毎日対策をがんばっている国家試験を乗り越えるだけ。
教職員一同、応援しています!

神戸医療福祉専門学校三田校の作業療法士科ページはこちら♪