【作業療法士科】高校2年生からオープンキャンパスに参加して発見!自分にぴったりの福祉のお仕事♪

こんにちは!

入学事務局の居村です。

 

さて、今回は高校2年生の進路選び応援企画第2弾!

先輩インタビュー〜「福祉」に関するお仕事編〜です★

高校2年生のみなさんは、そろそろ進路について考え始めた方も多いのではないでしょうか?

福祉に関わりたいという思いから作業療法士科を目指している学生が、どのように進路を決めたのか聞いてきました!

 

*。+*。+*。+*。+*。+*。+*。+*。+

図1

作業療法士科1年生

紀太真裕菜さん

京都府立福知山高等学校

高校時代の部活動:バドミントン部

 

1、作業療法士を目指そうと思ったきっかけは何ですか?

母が特別支援学校で働いていて、その影響から私も福祉職を目指したいと思っていました。

母が働く学校にボランティアに行っていたこともあり、子どもと接する機会が多くありました。

福祉職の中でも、子どもとも関わることができ、患者さんと多彩なコミュニケーションをとれる作業療法士のお仕事に興味を持ちました。

 

2、オープンキャンパスに参加してよかったことは何ですか?

学校ごとの雰囲気の違いをいち早く知ることができたので、じっくり学校選びに活かすことができたのがよかったです。

私は高校2年生の冬に、大学・専門学校含め3校のオープンキャンパスに参加しました。他校のオープンキャンパスでは、校内見学だけやリハビリの説明だけというところもありましたが、三田校のオープンキャンパスでは介護リフトや車いすを使った体験授業があり、学校の雰囲気をつかみやすかったのを覚えています。専門学校の授業でどういうことをするのかもイメージがつきました。

また、三田校では毎回内容の違う体験授業を受けられたので、いろいろな体験メニューを選んで何回も参加しました。毎回先生が優しくアドバイスをしてくれて、勉強にもなりますよ。

 

3、三田校に入学しようと思った決め手は何ですか?

大学のオープンキャンパスにも参加しましたが、専門的なことをより深く学びたいと思ったので専門学校を選択しました。

他の専門学校とも比較をして、オープンキャンパスで体感した学校の雰囲気がよかったことから、三田校に決めました。

 

4、高校2年生へのメッセージ

オープンキャンパスは、実際に学校の設備を見て、先生や学生さんと出会って、授業も体験できるので、学校選びの大きなポイントになると思います。

職業選びや学校選びをじっくり行って、ぜひ自分に合う職業や学校を見つけてください!

 

*。+*。+*。+*。+*。+*。+*。+*。+

 

紀太さん、ありがとうございました!

高校2年生のうちからオープンキャンパスに参加することで、いろいろな学校を比較して納得のいく学校選びができたようですね。

 

医療・福祉職を目指す高校2年生のみなさんには、今の時期のオープンキャンパス参加がおすすめ!

早めに職業や学校を調べることで、余裕を持った進路選びができますよ★

 

高校2年生のための特別イベントを開催中♪

作業療法士のオープンキャンパスはこちら

 

作業療法士科の学科ページはこちら