【作業療法士科】】「心理」がきっかけで作業療法士の道に!在校生インタビュー★

こんにちは!入学事務局の馬本です。

寒さが日々増してきました。皆さん、風邪を引かないようにしっかり体調管理していきましょうね!

05111

さて、本日は作業療法士科の在校生を紹介致します。

兵庫県立明石清水高等学校出身  藤田くん(右下)

藤田くんは、心理学の勉強をしたいと大学を目指していましたが、それを実用的に活かせる職業として、作業療法士を見つけました。

そんな藤田くんの声をぜひ最後まで読んでみて下さい★ :-D

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-::-:-:-:-::-::-:-:-:

僕は、元々心理学を学びたいと思っていました。身近な知り合いが統合失調症という精神的な病気になり、それをキッカケに、将来は人を精神面からサポートできる仕事につきたいと思うようになったんです。

05112

高校3年生になり、家族とも進路の話をしている中で、心理学を学んでその後就職先はあるのか、と心配されるようになりました。

確かに、大学で心理学科に入学してもその後実際にその関連の就職をする人は少ないと聞いていたので、僕も「精神的に人を支えていきたい」という気持ちを具体的に活かせる仕事はないのか、と職業を探し始めたんです。そのときに出会ったのが作業療法士でした。

実際に入学してからカウンセリング入門という授業がとても興味深かったです。

この授業では、患者さん役と聞き手役にクラスメイトとペアになり、傾聴の姿勢やどういった情報を聞き取るのか、などを学びます。三田校では、精神分野専門の作業療法士科の先生もいらっしゃるので、質問も詳しく聞けます!

三田校を選んだ理由としては、学校の雰囲気も良かったのですが、元々大学を希望していた僕にとって、大学卒業と同等の高度専門士を取得できるのも大きかったです。

これから、精神医学という様々な精神分野の疾患の症状について学ぶ授業があります。

今は、それを楽しみでもあります!

これからも、目標である「精神面から人を支える」作業療法士になれるよう頑張りたいと思います!

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-::-:-:-:-::-::-:-:-:

藤田くん、ありがとうございました。

笑顔が優しく、穏やかな印象の藤田くん。自分のやりたいことと就職のこと、周りの人に相談しながら進路を決めたんですね!

目標が叶うように私も応援しています!

まだ間に合う!2017年4月入学の入試!

1/28(土)12:30~16:00 入試説明会を聞けたり、学校見学ができるオープンキャンパスの

ご予約はこちら