1分でわかる☆作業療法士の仕事と活躍場所とは?

こんにちは!作業療法士科入学事務局です。

「最近医療やリハビリの仕事が気になり始めた」

そんなみなさまへ、今回はリハビリ職のひとつである「作業療法士」の基本情報をご紹介します。本校のリハビリ学科の中で、求人件数No1の「作業療法士」について、ぜひ知ってみてください!

※この記事は1分で読めます。

「作業療法士」とは

作業療法士は、身体や精神に障がいを持つ方に対して、衣食住に関わる日常生活に必要な動作全般のリハビリを担当します。

010

作業療法士のリハビリとは

医師の指示のもと、日常生活の基本的な動作から、仕事や家事、趣味など生活全てに関わります。

木工や陶芸、道具を用いたレクリエーションなど、作業療法にはさまざまな治療方法があり、患者さんの得意なことが支援する手段にもなります

002

作業療法の目的

「その人らしい、いきいきとした生活を送っていただく」ことです。

「作業」を通して患者さんの意欲を引き出し、ココロとカラダの障がいを回復に導きます。

011

作業療法士の活躍場所

子どもから高齢者まで、幅広い年齢の方を対象に、「ココロ」と「カラダ」のリハビリを行います。

主な就職先としては病院リハビリテーションセンター訪問介護ステーションなどがあり、医療・在宅・福祉・教育など、幅広い分野で活躍の場が増えています。

014

リハビリ職〈作業療法士〉〈理学療法士〉〈言語聴覚士〉の違い

リハビリ職の中でも、以下のように役割が分かれています!

作業療法士社会に適応するまでの日常の生活動作の回復を目指す

理学療法士「歩く」「立つ」など基本的な動作の回復を目指す

言語聴覚士「話す」「聞く」「食べる」機能の回復を目指す

 

どの職業が自分に合っているか、気になる方はぜひお気軽に学校見学会・オープンキャンパスへお越しください♪

OT_OC

作業療法士科についての詳細はこちら↓OT_GAKKA