祝☆病院内定!消防士から作業療法士へ進路変更した理由とは?

こんにちは!作業療法士科入学事務局です。

今回は、希望の病院に内定が決まった在校生の藤原くんをご紹介します☆

実は、高校生の頃は“消防士”を目指していたという藤原くん!

なぜ最終的に作業療法士を選んだのか?また、作業療法士科で4年間学んでどうだったか?インタビューしてきました♪

**************************************************************

祝!緑駿病院(兵庫県小野市) 内定

作業療法士科4年 藤原元希 さん

兵庫県立多可高等学校 出身

IMG_0409

元々は「命を救いたい」という思いがあったことから、救急救命士科志望でオープンキャンパスに参加していました。

そこで出会ったのが、作業療法士という仕事。

作業を通して患者様の日常生活に関わる仕事であることを知りました。

当時は最前線で命を救う消防士に漠然とした憧れがあったものの、もう一度自分のやりたいことや得意なことをよく考えてみたときに、

自分には一人ひとりの患者さんとじっくり関わるリハビリテーションの仕事の方が向いているかもしれないと思ったのです。

入学し4年間学んだ今では、実習を通して、作業療法士が患者さんと共に歩んでいくとても魅力的な仕事だということをさらに実感しています。

 

兵庫県で唯一4年制じっくり学べる専門学校ということもあり、本校を選びました。

実際に学んできた授業では、陶芸革細工などの作業活動を実際に行い、オリジナルの作品を作りながら作業の特徴を学ぶ授業が印象に残っています。

ものづくりを通してリハビリができる楽しさを感じました。

また、長期臨床実習では、多くの先生方が優しく丁寧にご指導してくださいました。

就職後もここで学んでいきたいという思いから、実習でお世話になった病院の就職試験を受験し、内定をいただくことができました。

今は、国家試験合格に向けて、過去に出た問題や押さえておくべき点をグループワークで学んでいます。先生から出題されるキーワードに対して、クラスメイトでお互いに教えあう形式です。教える側も教えられる側も知識が深まっています。

卒業後は、多くの知識や技術を身につけていき、患者様一人ひとりに合わせた治療・関わり方をしていきたいです。

長所である“笑顔”を活かして、患者様にも笑顔になっていただけるよう頑張ります!

***************************************************************

藤原くん、ありがとうございました!

オープンキャンパスを通じて、自分の得意なことを活かすことのできる医療職を見つけたのですね。

国家試験に向けてさらに頑張ってください!!

 

本当に自分に合った医療職を見つけて、社会で活躍したいみなさんは、

ぜひオープンキャンパスへ来てみてくださいね♪

OT_OC

OT_GAKKA