【作業療法士】”わたしの職業ストーリー”

ここでは、「目標」へと向かう三田校の学生がどのようにしてその職業を目指すようになったのか、そして今将来に向かってどう頑張っているのかをみなさんにお伝えしていきます。
今回は、「常に全力で生きる」をモットーに『作業療法士』を目指している3年生の長松くんです。

“みなさん”が“みなさん自身”の「夢」を見つける“きっかけ”となりますように・・

ながまつくん1

小さい頃から、人の笑顔が見るのが好きだった。
幼い頃、配達に来たおじさんにいつも飴をあげていたことを母から聞いたことがある。
あまり記憶には無いけれど、喜ぶ顔を見るのが好きな今の自分の原点の様な気がする。

そんな僕の人生の転機といえば、高校受験だったと思う。
中学生まで勉強というものが苦手で、担任の先生にも進路の心配をされ、
それを見兼ねた母は、中学生3年生の夏休みに九州に居る知り合いの所に
武者修行に僕を送り出した。

人生で1番勉強したのではないかと思う。
しかし結果は、思い通りにはいかず、
この時から、頑張ってもうまくいかない、
“こんな自分を変えたい”と強く思い始めていた。

高校生活では、『自己改革』を掲げて色んなことにチャレンジした。
思い立ったら即行動!と
生徒会では副会長、部活ではよさこいで年間100件のイベントに出場した。

おかげで、恩師と呼べる先生に出会い、
素晴らしい友達にも恵まれた。
しかし気づけば、もう高校3年生で進路を考える時期が来ていた。

222

この頃なんとなく医療系志望で、その中でも看護師がいいかなと考えてた。
九州に武者修行に行った先の母の知り合いは介護福祉士で
そこの息子さんは理学療法士。
僕を見るなり、”看護師に向いている”と言われたことも大きかったかもしれない。

それから進路のガイダンスでは、医療系を選んでたくさん参加した。
ガイダンスで話を聞いているうちに、自分が看護師について
全然知らないまま
イメージだけで目指そうとしていたことに気付いた。

そして、たくさんの仕事を知っていく中で”作業療法士”が
身体はもちろん、心も含めて患者さんに向き合うことの出来る仕事と知り、
これだ!と思った。
幼い頃から、僕がしたかったこと。
“人” に寄り添いあい、喜んでもらいたい”
作業療法士になることで、これが実現できる!と進路が決まった。

この学校に入学して、もう3年が経つ。
卒業に向けて、勉強は大変だが、僕が大切にしていることがある。

「常に全力で生きる」ということ。
中途半端に悩んだら、中途半端に終わってしまう。

患者さんに、頑張ってもらうためには、
まずは自分が全力で生きること。

ながまつくん2

そして、作業療法の出来る作業療法士になりたい。
患者さんに合わせてリハビリするため、
作業療法士の”作業”はパターン化できるものではない。

僕の作業療法が、その患者さんを
本当に “笑顔にできる”ものでありたい。

そのために真剣に考え、悩み、
一人でも多くの患者さんを救いたい。
あの幼い頃の気持ちをいつまでも大切にしながら。

【おすすめオープンキャンパス情報】

7月4日(土)
【人のカラダはどう動く?】~出来ること、出来ないこと作業療法の考え方~

お時間は13:00-16:00です。

7月5日(日)では
AO入試対策講座が実施されます!

お時間は10:30-15:30です。 ※ランチ付き

7月11日(土)
【障がいを持った子どもにできる作業療法って?>】

お時間は13:00-16:00です。

7月12日(日)
【革細工で作業療法体験♪】

お時間は13:00-16:00です。

7月18日(土)
【介護リフト体験*福祉用具と作業療法~介護と作業療法のつながり~】

お時間は13:00-16:00です。

7月19日(日) リハビリ学科W体験DAY!
【こころの作業療法~心の病と作業療法士のの役割~】

高校3年生はもちろん、高校2年生も歓迎の日です!

お時間は10:30-15:30です。 ※ランチ付き

<6月22日(月)~ 第3回目 AO入試エントリー受付開始!!!>
受付期間:6月22日(月)~7月11日(土)
第2回AOエントリー日:7月12日(日)

是非一度、神戸医療福祉専門学校三田校 作業療法士科
オープンキャンパスにお越し下さい!
資料の請求は https://www.kmw.ac.jp/form/form_shiryo/ から、
参加のお申し込みは http://www.kmw.ac.jp/oc/ot/ からしていただけます!

神戸医療福祉専門学校三田校入学事務局
フリーダイヤル:0120-511-294
E-MAIL:info@kmw.ac.jp