【義肢装具士科】スポーツ義足の可能性を知れる特別講演会☆教員紹介編☆

皆さんこんにちは。

今回のブログでは「義足の可能性」「義肢装具士のやりがい」「障害者スポーツ」について知ることのできる特別講演会のご紹介、第2弾として当日義足製作を行う義肢装具士を紹介します!

2/20(土)10:30~15:30  ☆ランチ付

「スポーツ義足製作実演~義足の可能性を知る特別講演~」

☆★こんな方にオススメ☆★

・義肢装具士への転職を考え始めた社会人の方

・義肢装具士に憧れる高校1・2年生の方

・春から義肢装具士科への入学が決まった方

内容紹介:本校授業で下腿義足のモデルとして協力していただいている義足マラソンランナー、松本さまにお越しいただき、義足の製作実演を行います。製作工程だけでな く、それを通じた義肢装具士のやりがいも感じられるイベントです!

また、松本さまのマラソンにかける情熱や大会での様々な出会い、義肢装具士への期待につ いての講演も聴いていただけます。

019

松本 功 さん

当日の流れ:学校説明→義足製作実演→ランチタイム→松本さん講演→学科説明→個別相談

-*-*-教員紹介-*-*-

IMG_9860

義肢装具士科教員:平松先生

経歴紹介:広告会社の営業職として働いた後、義肢装具士をめざし本校へ社会人入学。卒業後、教員として義肢装具士科に着任。

インタビュー

義肢装具士への転職を考えたきっかけは

経済雑誌に載っていた、義肢装具会社社長のインタビュー記事を見た際、はじめてこの職種を知り調べるうちに、自分らしさを活かせる仕事だと憧れを持ったことです。

松本さんとの出会いについて

在校生の頃から、モデル患者さまとしてお越しいただいており、その際に製作を担当させていただいたのが最初の接点。その頃にマラソン挑戦を始められたことを覚えています。教員となってからは、日常用の義足とランニング用の義足の製作と調整をさせていただいています。

義足製作の難しさとやりがい

『2つとして同じ義足はない。その方専用の最高のオーダーメイド品である。』と学生の頃から考えていました。患者さまの身体の状況を見極めるところが大変であり難しいですが、良いものができたときの喜びを共有できるところがいちばんの魅力だと思います。

義肢装具士になるために必要なこと

『絶対に義肢装具士になりたい!』という気持ち。これがあれば、日々の勉強や製作に楽しさを見つけることができると思います。

平松先生ありがとうございました!

当日は義肢装具士の先生と、義足ユーザーの方両方に、仕事のこと、義足のことを聞いて頂けますので、一歩を踏み出してみたいという皆さん、ぜひお越しください☆★

 

イベントについてのお問い合わせは入学事務局へ

0120-511-294

 

まずは義肢装具士科のことを詳しく知りたい方はこちら!