【義肢装具士科】新年度の授業スタート☆

みなさん、こんにちは!

今回のブログではいよいよスタートしました、新年度の初回授業をご紹介します☆

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

4月8日、義肢装具士科4年制、4年生の授業、大腿義足「IRCソケット」がスタートしました。IRCソケットは、大腿義足を学ぶ上での総仕上げとして、歯応えのある科目となっておりますので、学生たちにもしっかり取り組んでいただきたいですね!

担当講師はメガネがトレードマークの佐々木伸先生。

0411

※ソケットとは・・・切断端を収納し、義足に力を伝える、人と義足をつなぐ部分のこと。

こちらが今回作る「IRCソケット」

図1

こちらが、従来型の「四辺形ソケット」

0411-3

IRCソケットの方がより、お尻の骨の形を捉えており、歩きやすくなっております。その分形も複雑な為、しっかりと患者様と向き合わないと製作できません。学生の皆さんがんばってください!

また、本校では10月に現場で働く義肢装具士様向けに「MASソケット」と言われるIRCソケットの応用型のセミナーをご準備しております。ご興味のある方は学校までご連絡いただければと思います。

教員や学生の採型の様子などはfacebookやtwitterなどでも紹介しておりますので是非ご覧下さい!

三田校公式ツイッターはこちら☆

義肢装具士科公式フェイスブックはこちら☆