【義肢装具士科】先生紹介☆第1回☆

こんにちは!義肢装具士をめざす皆さん・気になり始めた皆さんに、シリーズで本校の教員をご紹介したいと思います☆

三田校義肢装具士科ってどんなところ??という皆さん、必見です☆

第1回目は義肢装具士科4年制の学科長でもあります、佐々木伸先生をご紹介します!

グローバルに活躍されている、熱い先生です☆

 

◆プロフィール

出身:宮城県石巻市

経歴:義肢装具士養成校(専門学校)卒業後、国内の義肢装具製作会社に3年勤務。その後カンボジア、タイ、スリランカで通算17年勤務し、後に心理学修士を取得。3年前より本校に教員として赴任。

図1

◆義肢装具士のやりがいとは

自分の適合した義肢装具がぴたりと合い、患者さんに喜んで頂いたときにやりがいを感じました。また、どこの国の言葉でも『ありがとう』という言葉をもらえることです。

 

◆先生の「ON」~こんな授業を担当しています~

「義肢実習(義手・義足)」義肢についての、理論と製作・適合を学ぶ科目。

「義肢基本工作技術」義肢の基本的な制作方法を学ぶ科目。

「障害評価学」義肢装具の処方を理解する為の、身体状況に関する評価方法を学ぶ科目。

「特殊装具学(側弯症)」側弯症に対して処方される装具の理論と製作・適合を学ぶ科目。

「英書講読」論文を読むことを通じて、英語を学ぶ科目。

 

◆先生の「OFF」~人生を楽しんでいます~

休日は家族と買い物やドライブに出かけます。また、月に最低5冊は本を読んでいます。

1

◆義肢装具士をめざす方へメッセージ

同じ仕事をするのなら、しかめっ面ではなくて、笑顔で楽しく仕事をしましょう!

 

-*-*-*-*-*-*-*

義肢装具士のことをもっと詳しく知りたい方はこちらから本校WEBサイトをご覧ください♪

義肢装具士科の日々の授業を更新!Facebookはこちら!

学校情報を毎日更新!ツイッターはこちら!