福祉職から医療資格「義肢装具士」への転向

義肢装具士科です。

今回は、福祉職から義肢装具士に転向された社会人の方をご紹介します。

_MG_0270

足立佳太さん(兵庫県立三田洋雲館高等学校 ・ 流通科学大学卒業)

福祉職から医療資格「義肢装具士」へ

足立さんは大学を卒業後に福祉職に就職。

介護施設の中で利用者さまと関わる中で、より幅広く利用者さまを支えられるようになりたいという気持ちから義肢装具士に転向しました。

どんな経緯で義肢装具士を目指したのか、実際に義肢装具士になってどう感じているのかを聞かせていただきました。

 

_MG_9687

福祉職を目指したきっかけ

 

両親も兄も福祉職という家庭で育ち、中学・高校と進学するにつれ、将来は自分も人の人生や生活を支え、共に歩んでいける福祉職に就くものだと思っていた。

実際、大学でも福祉分野を学び、「人の役に立ちたい」という想いを体現しようと卒業後は福祉職に就職。

 

義肢装具士を目指したきっかけ

 

利用者さまの生活に密着する福祉職をやりがいに感じ日々働く中で、利用者さまの多くが装具をつけ生活しており、装具が壊れた時に生活に大きな支障が出るのを見るだけしかできなかった。

利用者さまにオーダーメイドで作られた装具や福祉用具が、いかに生活の支えであるかを目の当たりにすることが続き、装具や福祉用具を作る義肢装具士を目指すようになる。

 

義肢装具士に転向を決心

 

医療の知識も勉強することで、より人の役に立てるようになりたいと思う気持ちが強くなり義肢装具士への転向を決意。

義肢装具士になり、利用者さまをサポートする中で、これまでとは違う視点で支えることができると実感している。

福祉の仕事に就いていた時の利用者さまや患者さまへの関わり方や知識は、今も活きている。

これからも、新たな医療福祉の知識や技術を身に付け、活躍の場を広げていきたいと決意している足立さんでした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

再進学に興味はあるけど、未来の自分が想像できない…と不安をお持ちの社会人の方へ

転職して義肢装具士として活躍する、社会人入学生のエピソードを詳しくご紹介しています!

興味をお持ちの方はこちらからご覧ください

 

義肢装具士がどんな職業か?
義肢装具士になるにはどうすればよいか?とお考えの社会人の方へ

義肢装具士の仕事が分かる「職業体験授業」や、
授業内容や学校の雰囲気がわかる実習見学などは、

下のリンクからご覧下さい。

PO_OC (2)

 

PO_GAKKA_