【義肢装具士科】内定者レポート第2弾!

 

 

就職内定の出た在校生 喜びの声を紹介☆

 

学外実習でお世話になった会社から内定!

植村 芳之さん 義肢装具士科4年制4年生

内定先:川村義肢株式会社

出身:神戸村野工業高等学校(兵庫県)

 

image1

 

植村さんが内定を頂いた川村義肢株式会社さまは、製造本部のスタッフが160名という大規模なスケールの中で、義足だけでなく、ウミガメの人工ヒレや、著名なスポーツ選手のサポーター、装具なども製作されています。

また、本校の多くの卒業生が就職し、活躍しています。

 

患者さまの希望に対して多方面からアプローチされる働き方に魅力を感じた

 

 

学外実習でお世話になったとき、患者さまの希望に対して多方面からアプローチされており、自分自身の思う義肢装具士の理想の姿を実現できるのでは、と志望しました。

 

「人と関わるもの作りがしたい」この気持ちから義肢装具士の道へ

 

高校では、機械科に所属しており、もの作りで活躍したいと考えていました。

そんな時、テレビで見た人に寄り添いながら製作をしていく義肢装具士の姿に共感し、この道を選びました。

 

現場に近い学びができることが三田校の強み

三田校では、製作実習の授業で義足ユーザーの患者さんにお越しいただいています

現場で活躍されている現役の義肢装具士の方にも外部講師としてお越しいただき、アドバイスを頂きながら学べることで、現場に近い実践型の実習ができていると思います。

 

学校での履歴書や面接の指導のお陰で、力を出し切りれた!

就職活動では、義肢装具士科の先生方はもちろん、キャリアセンターの先生にも、履歴書の書き方や面接練習をしていただき、採用試験当日は、緊張することなく、自分の思いをしっかり伝えることができたと思います。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

植村さん、ありがとうございました。

将来は、「患者さんに希望を一緒に叶える義肢装具士」を目指していらっしゃるとお聞きしました!

残るは、国家試験ですね!

内定を頂き、目標へ一歩近づいた植村さんを応援しています。

 

義肢装具士について知りたい方は、まずは学科ページをご覧下さい★

PO_GAKKA_

植村さんも言っておられた、「実践型の授業」の見学会も随時行っております。

PO_OC (2)

まずは、お問い合わせ希望の方は、こちら!

LINE_CV