【義肢装具士科4年制2年】装具療法演習☆

装具を製作するためにはまず疾患のことを理解し、その疾患に対して必要な機能を有する装具の設計が必要になります。この授業では、学生を1グループ2、3人の12グループに分け、グループごとに分かれてそれぞれ違う疾患の調べ学習を行います。
zu1
調べた内容はクラス全員に資料として配り、それをもとに全員の前で発表を行います。資料を作成するために必要な情報を、教科書や図書室で調べてそれをまとめるのがなかなか大変で、学生の皆さんは先生に何度も相談やチェックをうけています。この資料がクラスメートの教科書になるわけですからみんな必死です。なんとか期限内に完成させようと試行錯誤を繰り返しながら取り組み、全グループ期限内に完成、提出することができました。みんなお疲れ様でした。
zu11
次は発表に向けて、スライドの準備があります。この授業で学ぶことは、実際に働き始めたときにすぐに役に立つ内容になっています。疾患の理解や、先生の経験談など聞くことで、どのような仕事なのか具体的に見えてくると思います。また大勢の前で発表を行うことは、この先たくさん経験することになりますので、この授業でいろんなことを学んで、実際の職場で生かしていただけたらと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
関西唯一の義肢装具士養成校
神戸医療福祉専門学校三田校 義肢装具士科
●資料請求はコチラから♪
●オープンキャンパスの予約はコチラから♪
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★